【バドミントン】トマス杯4日目:男子日本代表、マレーシアに黒星も2位で8強進出

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

男子バドミントンの国・地域別対抗戦、BWF(世界バドミントン連盟)トマス杯は5月11日、4日目を迎えた。男子日本代表はマレーシア代表とのグループリーグ最終戦に臨み、2-3で大会初黒星を喫している。日本はグループD2位で準々決勝進出。12日に4強を懸け、台湾代表と対戦する。

■マレーシア戦結果

  1. シングルス 桃田賢斗(NTT東日本)0●2
  2. ダブルス 保木卓朗/小林優吾(トナミ運輸)0●2
  3. シングルス 常山幹太(トナミ運輸)2〇0
  4. ダブルス 古賀輝(NTT東日本)/渡辺勇大(BIPROGY)0●2
  5. シングルス 西本拳太(ジェイテクト)2〇1

トマス杯は女子の国・地域別対抗戦、BWFユーバー杯とともにタイ・バンコクで開催されている。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト