【バドミントン】山口茜、圧倒的な強さで2週連続の優勝と大会2連覇を達成!ジャパンOP女子シングルス

丸善インテックアリーナ大阪にて開催された「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2022」は9月4日、各種目の決勝を行った。女子シングルスでは、山口茜が前週の世界バドミントンでの2連覇に続いて、今大会でも2連覇を達成。2週連続して国際大会で優勝するという、トリプル快挙を成し遂げた。

文: Yukifumi Tanaka/田中幸文 created on 4 September 2022
写真: 2022 Getty Images

BWF(世界バドミントン連盟)統括のワールドツアーのひとつである「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2022(ジャパンOP)」は9月4日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市港区)にて最終日となる大会6日目を迎えた。

■女子シングルス

前週に閉幕したばかりの世界バドミントン選手権大会2022において、2大会連続して世界の頂点に輝いた山口茜が、2週続けてふたたび国際大会の決勝ステージへとのぼり詰めた。世界ランキング1位の山口の今決勝カードの相手は、同ランキング3位のアン・セヨン(大韓民国)だった。

第1ゲーム、序盤から山口が主導権を握り、連続6ポイントを決めるなど、21−9という大差で快勝する。つづく第2ゲームでは、前半に5点同点に並ぶという拮抗した場面があったものの、そこから山口が7点連取して、アンを圧倒。世界バドミントン2022で銅メダルを獲得しているアンも、負けじと連続5ポイント決め、2点差にまで詰め寄るが、山口の比類ない強さを前に勝ち越すことができない。最終的に山口が21−15でこのゲームも白星をあげ、ゲームカウント2−0のストレート勝ちで、勝利の女神はホーム代表の山口に微笑んだ。

これにより、山口は前回開催のジャパンOP2019に続いて、大会2連覇を達成。さらに、2連覇を果たしたばかりの世界バドミントンに続いて、2週連続優勝という、「2」が3つ揃ったトリプル快挙を成し遂げた。

山口茜 試合後コメント

(2週連続の優勝について)「良かったなっていう気持ちと、疲れたなっていう気持ちです(笑)」

(2週連続の参戦で疲労を見せる選手が多い中、山口選手にとってスタミナ持続の秘訣は?)

「親にもらったものだと思うので、感謝したいです(笑)」

(ホームでの試合について)「お客さんにたくさん応援してもらって、その声援に応えられるというのは、嬉しい気持ちがたくさんありました」

「自分がどこまで行けるかわからないですけど、全開でやろうと思って。いいプレーが出せたので、楽しくやれたと思います」

(12月のツアーファイナルに向けて)「1試合でもたくさん楽しくプレーができるように、リフレッシュして、次に向けてまた頑張りたいと思います」

大会公式HPBWF大会公式HP

■日本代表選手

※2022年8月25日 日本バドミントン協会 発表

男子(13名)

  • 桃田賢斗(東日本電信電話株式会社社員)
  • 常山幹太(トナミ運輸株式会社社員)
  • 西本拳太(株式会社ジェイテクト社員)
  • 奈良岡功大(IMG)
  • 保木卓朗(トナミ運輸株式会社社員)
  • 小林優吾(トナミ運輸株式会社社員)
  • 古賀輝(東日本電信電話株式会社社員)
  • 齋藤太一(東日本電信電話株式会社社員)
  • 竹内義憲(株式会社日立情報通信エンジニアリング社員)
  • 松居圭一郎(株式会社日立情報通信エンジニアリング社員)
  • 渡辺勇大(BIPROGY株式会社所属)
  • 金子祐樹(BIPROGY株式会社社員)
  • 山下恭平(東日本電信電話株式会社社員)

女子(14名)

  • 山口茜(株式会社再春館製薬所社員)
  • 奥原希望(太陽ホールディングス株式会社所属)※8月29日付出場辞退
  • 髙橋沙也加(BIPROGY株式会社社員)
  • 大堀彩(トナミ運輸株式会社社員)
  • 川上紗恵奈(株式会社北都銀行社員)
  • 永原和可那(株式会社北都銀行社員)
  • 松本麻佑(株式会社北都銀行社員)
  • 志田千陽(株式会社再春館製薬所社員)
  • 松山奈未(株式会社再春館製薬所社員)
  • 中西貴映(BIPROGY株式会社社員)
  • 岩永鈴(BIPROGY株式会社社員)
  • 東野有紗(BIPROGY株式会社社員)
  • 松友美佐紀(BIPROGY株式会社社員)
  • 篠谷菜留(東日本電信電話株式会社社員)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト