【陸上】日本GPシリーズ鳥取大会:男子100mの坂井隆一郎が世界陸上日本代表に内定…予選で10秒02

日本グランプリシリーズ鳥取大会(布勢スプリント2022)が6月25日から26日にかけ、ヤマタスポーツパーク(布勢総合運動公園陸上競技場)で行われた。26日の男子100mでは、坂井隆一郎が予選で10秒02をマーク。オレゴン2022世界陸上競技選手権大会の参加標準記録を突破し、日本代表に内定している。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2022 Getty Images

年間を通じてポイントを争う陸上競技トラック&フィールドの大会・日本グランプリ(GP)シリーズは6月25日から26日にかけ、ヤマタスポーツパーク(布勢総合運動公園陸上競技場/鳥取県鳥取市)で鳥取大会(布勢スプリント2022)を開催。26日の男子100m予選では坂井隆一郎(大阪ガス)がオレゴン2022世界陸上競技選手権大会の参加標準記録を突破した。

坂井は12時40分から始まった男子100m予選5組に出場すると、10秒02をマーク。10秒05の参加標準記録を突破した。坂井は第106回日本陸上競技選手権大会(大阪府大阪市・ヤンマースタジアム長居/6月9日-12日)で2位入っていたため、オレゴン2022世界陸上競技選手権大会の日本代表に内定。なお、15時30分から行われた決勝は棄権している。

決勝を制したのはデーデー・ブルーノ(SEIKO)で、10秒20。キム・グクヨン(大韓民国)が2位に入り、小池祐貴(住友電工)は10秒23で3位だった。

オレゴン2022世界陸上競技選手権大会に向けては、選考会を兼ねた第106回日本陸上競技選手権大会で「3位以内かつ日本選手権当該種目終了時点までに参加標準記録を満たした」選手が世界選手権に内定した。

しかし、内定選手が出場枠に満たない種目は代表選考が継続。参加標準記録の有効期間は6月26日で終了するため、参加標準記録の突破は今大会がラストチャンスとなっていた。

■男子100m決勝結果

  1. デーデー・ブルーノ(SEIKO)10秒20
  2. キム・グクヨン(大韓民国)10秒21
  3. 小池 祐貴(住友電工)10秒23
  4. 伊藤 孝太郎(東京ガスエコモ)10秒27
  5. 栁田 大輝(東洋大学)10秒27
  6. 水久保 漱至(第一酒造)10秒32
  7. 矢橋 寛明(ヴィアティン三重RC)10秒40
  8. 野上 翼(京都教育大学)11秒10

■日本GPシリーズとは

2018年にスタートした日本GPシリーズは、指定大会を対象に年間を通してポイントを争うトラック&フィールドの大会で、男女それぞれの全種目総合トップ「シリーズチャンピオン」と「種目別チャンピオン」を決定。2018シーズンは山縣亮太と山ノ内みなみ、2019シーズンは高山峻野と北口榛花、2020シーズンは相澤晃と新谷仁美、2021シーズンは金井大旺と寺田明日香がシリーズチャンピオンに輝いている。

日本グランプリシリーズ(日本陸上競技連盟)

■GPシリーズ全日程

GPシリーズ指定大会

  1. 4月9日(土)熊本大会 第30回金栗記念選抜陸上中長距離大会2022
  2. 4月23日(土)24日(日)神戸大会 第70回兵庫リレーカーニバル
  3. 4月23日(土)24日(日)出雲大会 吉岡隆徳記念第76回出雲陸上競技大会
  4. 4月29日(金・祝)広島大会 第56回織田幹雄記念国際陸上競技大会
  5. 4月30日(土)5月1日(日)大阪大会 第9回木南道孝記念陸上競技大会
  6. 5月3日(火・祝)静岡大会 第37回静岡国際陸上競技大会
  7. 5月4日(水・祝)延岡大会 第33回ゴールデンゲームズ in のべおか
  8. 5月5日(木・祝)水戸大会 2022水戸招待陸上
  9. 6月26日(日)鳥取大会 布勢スプリント2022
  10. 7月10日(日)札幌大会 第35回南部忠平記念陸上
  11. 10月1日(土)2日(日)新潟大会 Athletics Challenge Cup 2022
  12. 10月16日(日)山口大会 第19回田島直人記念陸上競技大会

GPシリーズポイント対象大会

  1. 5月7日(土)第106回日本陸上競技選手権大会・10000m
  2. 6月4日(土)5日(日)第106回日本陸上競技選手権大会・混成競技
  3. 6月9日(木)~12日(日)第106回日本陸上競技選手権大会

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト