【アーティスティックスイミング】世界水泳ブダペスト2022:マーメイドジャパンが銅メダル獲得…混合デュエットは予選2位

世界水泳ブダペスト2022は現地時間6月24日、アーティスティックスイミング女子チーム・フリールーティン決勝が行われ、日本は銅メダルに輝き、大会を通じて6個目のメダルを獲得した。また、混合デュエット・フリールーティン予選では、佐藤きょうだいペアが2位となり、表彰台の射程圏内に着く。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2022 Getty Images

ハンガリーの首都・ブダペストで開催されているFINA(国際水泳連盟)第19回世界選手権大会水泳競技大会(世界水泳ブダペスト2022)は現地時間の6月24日、アーティスティックスイミング(AS)の決勝1種目と予選1種目、合計2種目が行われた。女子チーム・フリールーティン決勝では、日本代表のマーメイドジャパンが銅メダルを獲得。また、混合デュエット・フリールーティン予選では、日本のペアが2位で決勝進出を決めた。

女子8名で構成されたチームで争うフリールーテイン決勝には、20チームが出場していた予選より、上位12チームが進出。日本代表のマーメイドジャパンは、予選で92.7667という高得点で3位となり、表彰台を狙える位置からこの決勝に臨んだ。息のあった、かつダイナミックな演技を披露し、予選のポイントを上回る93.1333を記録して、堂々の銅メダルに輝いた。これにより、AS日本代表は、本大会で通算6個目のメダルを獲得した。なお、予選1位の中華人民共和国(中国)が96.7000で金メダル、同じく予選2位のウクライナが95.0000をマークして、銀メダルとなった。

女子チーム・フリールーティンの日本チームメンバーは以下の通り(FINA公式リザルト発表順)。

  • 藤井萌夏
  • 比嘉もえ
  • 木島萌香
  • 佐藤友花
  • 鈴木 ひかり
  • 栁澤明希
  • 安永真白
  • 吉田萌

また、男女1名ずつのデュエットで行われる混合種目のフリールーティン予選には、世界より13組が出場。今大会の別種目で銀メダルを獲得している佐藤友花/佐藤陽太郎のきょうだいペアが、ふたたび世界水泳の舞台でパフォーマンスを披露した。スコア88.9000をマークして、全体2位で決勝進出を決め、大会2個目のメダル獲得を目指す。なお、この予選種目の1位はイタリアで、唯一90点を超えるハイスコア(90.5000)をマークしている。また、3位は中国(87.8333)だった。

6月25日は、世界水泳ブダペスト2022アーティスティックスイミングの競技最終日となり、混合デュエット・フリールーティンと、チーム・ハイライトルーティンの決勝2種目が行われる予定。佐藤きょうだいの2個目のメダル獲得になるか、注目だ。なお、チーム・ハイライトルーティンに、日本代表はエントリーしていない。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト