【アーティスティックスイミング】世界水泳ブダペスト2022:乾友紀子がソロ種目2冠達成

世界水泳ブダペスト2022は現地時間6月22日、アーティスティックスイミング女子ソロ・フリー決勝を実施。乾友紀子がソロ・テクニカルに続く金メダルを獲得した。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2022 Getty Images

ハンガリーの首都・ブダペストで開催されているFINA(国際水泳連盟)第19回世界選手権大会水泳競技大会(世界水泳ブダペスト2022)は現地時間6月22日、アーティスティックスイミング(AS)女子ソロ・フリーの決勝と女子チームフリー予選を実施した。

女子ソロ・フリー決勝には、リオデジャネイロ2016で2個の銅メダル(チーム・デュエット)を獲得している乾友紀子が出場。20日の予選を首位通過している乾は、「大蛇~オロチ~」をテーマに決勝でもダイナミックな演技を見せた。決勝では95.3667点をマークし、ソロ・テクニカルに続く金メダルを獲得した。銀メダルはマルタ・フィエディナ(ウクライナ)、銅メダルはエバンゲリア・プラタニオティ(ギリシャ)だった。なおASソロ種目は、オリンピックに採用されていない。

同日は女子チームフリー予選も行われ、日本代表・マーメイドジャパンは吉田萌、安永真白、木島萌香、比嘉もえ、佐藤友花、栁澤明希、藤井萌夏、吉田理恵、鈴木ひかりのメンバーで出場。92.7667点をマークし、中国代表、ウクライナ代表に続く3位で決勝に進んだ。決勝は24日に行われる。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト