【12月12日】天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権・準決勝の放送予定|川崎F vs 大分、浦和 vs C大阪

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: Getty Images

12月12日に開催される「天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権」準決勝の放送予定を紹介する。連覇を狙う川崎フロンターレは大分トリニータと対戦。もう1試合では、浦和レッズとセレッソ大阪が相まみえる。19日に国立競技場(東京都新宿区)で行われる決勝への切符を掴むのはどのチームか。

日程・放送予定(12月12日)

川崎フロンターレ(J1)vs.大分トリニータ(J1)
14:00試合開始@等々力陸上競技場
地上波:NHK総合(LIVE)

浦和レッズ(J1)vs.セレッソ大阪(J1)
16:00試合開始@埼玉スタジアム2002
地上波:NHK総合(LIVE)

見どころ

前回大会覇者で今季J1リーグ優勝チームの川崎Fは、Jリーグ最優秀選手賞と得点王のレアンドロ・ダミアン含め7人のベストイレブン受賞者を擁する。今大会は2回戦のAC長野パルセイロ(長野県代表)戦、3回戦のジェフユナイテッド千葉(J2)戦で、下位カテゴリーチーム相手ながらPK戦に突入する苦しい試合を経験。その後のラウンド16(清水エスパルス戦)、準々決勝(鹿島アントラーズ戦)ではJ1チーム相手に90分で決着をつけ、準決勝まで勝ち上がってきた。今季2冠に向け、準決勝も突破できるか。対する大分は今季のJ1で18位に沈み、J2降格の憂き目に遭った。川崎Fには今季J1で2戦2敗だが、天皇杯では意地を見せることができるか。初の決勝進出を狙う。

準決勝もう1試合は浦和対C大阪。浦和では阿部勇樹、C大阪では大久保嘉人と両チームの元日本代表選手が今季限りでの現役引退を表明しており、両選手の花道を飾るためにも決勝進出を決めたいところだろう。今季のJ1では浦和は6位、C大阪は12位で直接対決は1勝1敗。JリーグYBCルヴァンカップ準決勝でも対戦しており、2戦合計2-1でC大阪が勝ち上がっている。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト