【11月6-7日】J1第35節の日程、放送予定|来季ACL出場権、残留争いが佳境に

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: Getty Images

日本プロサッカーリーグ・Jリーグは11月6日と7日、明治安田生命J1第35節を開催。川崎フロンターレが今季優勝を決めているものの、来季AFC(アジアサッカー連盟)チャンピオンズリーグ(ACL)出場権やJ1残留争いは佳境を迎える。ここではJ1第35節の日程、放送予定を紹介。

■J1第35節の対戦カード・放送予定

11月6日(土)

清水エスパルス vs.北海道コンサドーレ札幌(14:00KO/アイスタ)
ヴィッセル神戸 vs.徳島ヴォルティス(15:00KO/ノエスタ)
横浜F・マリノス vs.FC東京(16:00KO/日産ス)

11月7日(日)

ベガルタ仙台 vs.名古屋グランパス(14:00KO/ユアスタ)
鹿島アントラーズ vs.浦和レッズ(14:00KO/カシマ)
サガン鳥栖 vs.川崎フロンターレ(14:00KO/駅スタ)
大分トリニータ vs.ガンバ大阪(14:00KO/昭和電ド)
湘南ベルマーレ vs.サンフレッチェ広島(15:00KO/レモンS)
アビスパ福岡 vs.横浜FC(15:00KO/ベススタ)
柏レイソル vs.セレッソ大阪(16:00KO/三協F柏)

【放送予定】

地上波:NHK総合(鳥栖vs.川崎F)、NHK大分(大分 vs.G大阪)
ネット:DAZN

■J1第35節の見どころ

川崎Fが今季優勝を決めたものの、来季ACL出場権を得られる3位以内を巡る争い、下位4チームがJ2へ降格する残留争いは、これからが佳境となる。

J1第34節終了時点で3位は勝点64(得失点差+23)のヴィッセル神戸、4位は勝点61(得失点差+13)の名古屋グランパスとなっている。J1第35節、神戸は17位の徳島ヴォルティス、名古屋は19位のベガルタ仙台と対戦。得失点差に開きがあるため、J1第35節での順位変動の確率は低いが、勝点59で5位に鹿島アントラーズ、6位に浦和レッズが迫っているため、両チームとも取りこぼしは許されない状況だ。なお、鹿島と浦和はJ1第35節で直接対決を迎える。

勝点32で並ぶ15位の湘南ベルマーレと16位の清水エスパルスが残留圏内。降格圏の17位・徳島の勝点は30のため、J1第35節の結果次第で順位が入れ替わる可能性がある。徳島はアウェイで神戸と対戦。湘南は10位のサンフレッチェ広島を、清水は12位の北海道コンサドーレ札幌を、それぞれホームに迎える。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト