【11月16日】W杯アジア最終予選第6戦の放送予定|3勝2敗の日本、初戦で敗れたオマーンにリベンジ狙う

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

FIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップ(W杯)カタール2022アジア最終予選は、11月16日に第6戦を実施する。3勝2敗のSAMURAI BLUE(男子日本代表)は、アウェイでオマーン代表と対戦。ここでは同試合の放送予定を紹介する。

■日本代表戦の日程・放送予定

アジア最終予選(Road to Qatar)

SAMURAI BLUE(日本代表)対 オマーン代表

日時:2021年11月16日(木)20:00キックオフ(日本時間17日1:00)
会場:スルタン・カーブース(オマーン・マスカット)

【放送予定】

ネット:DAZN

■日本代表メンバー

GK

  • 川島永嗣(RCストラスブール/フランス)
  • 権田修一(清水エスパルス)
  • 谷晃生(湘南ベルマーレ)

DF

  • 長友佑都(FC東京)
  • 吉田麻也(サンプドリア/イタリア)
  • 酒井宏樹(浦和レッズ)
  • 谷口彰悟(川崎フロンターレ)
  • 山根視来(川崎フロンターレ)
  • 室屋成(ハノーファー96/ドイツ)
  • 板倉滉(シャルケ04/ドイツ)
  • 中山雄太(PECズウォレ/オランダ)
  • 旗手怜央(川崎フロンターレ)
  • 冨安健洋(アーセナル/イングランド)

MF/FW

  • 大迫勇也(ヴィッセル神戸)
  • 原口元気(1.FCウニオン・ベルリン/ドイツ)
  • 柴崎岳(CDレガネス/スペイン)
  • 遠藤航(VfBシュトゥットガルト/ドイツ)
  • 伊東純也(KRCヘンク/ベルギー)
  • 浅野拓磨(VfLボーフム/ドイツ)
  • 南野拓実(リバプールFC/イングランド)
  • 古橋亨梧(セルティック/スコットランド)
  • 守田英正(CDサンタ・クララ/ポルトガル)※11月14日離脱
  • 鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)
  • 三笘薫(ユニオン・サンジロワーズ/ベルギー)
  • 前田大然(横浜F・マリノス)
  • 上田綺世(鹿島アントラーズ)
  • 田中碧(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
  • 堂安律(PSVアイントホーフェン/オランダ)※11月6日追加招集

■W杯アジア最終予選

W杯アジア最終予選には、2次予選を突破した12チームが出場。6チームずつ2つのグループに分かれ、ホーム&アウェイの2回戦総当たり方式で実施される。各グループの上位2チームがW杯本大会への出場権を獲得する。各グループ3位のチームはアジアプレーオフを行い、勝者は大陸間プレーオフに進む。

1998年フランス大会でW杯初出場を果たした日本は、2018年ロシア大会まで現在6大会連続出場中。2022年カタール大会では2次予選を8戦全勝で突破しており、7大会連続7度目の出場を目指す。

グループA順位表(勝点、得失点差)

  1. イラン 13 +6
  2. 韓国 11 +3
  3. レバノン 5 -1
  4. イラク 4 -3
  5. アラブ首長国連邦(UAE)3 -2
  6. シリア 2 -3

グループB順位表(勝点、得失点差)

  1. サウジアラビア 13 +5
  2. オーストラリア 10 +5
  3. 日本 9 +1
  4. オマーン 7 0
  5. 中国 4 -4
  6. ベトナム 0 -7

10試合で争われるアジア最終予選は半分の5試合を消化し、日本は3勝2敗勝点9で3位につける。首位のサウジアラビアとは勝点差4、ストレートでのW杯出場圏内となる2位のオーストラリアとは1ポイント差。2022年2月と3月に待ち受けるサウジアラビア、オーストラリアとの直接対決まで星を落としたくない日本は第6戦で、初戦ホームで敗れたオマーンと対戦する。同じ相手に連敗は許されない上、W杯出場のためには是が非でも勝点3を獲得したい一戦だ。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト