【1月8日】第100回全国高校サッカー選手権準決勝の放送予定|大津と関東第一、高川学園と青森山田が対戦

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 時事

2021年12月28日に開幕した第100回全国高等学校サッカー選手権大会は、1月8日に国立競技場(東京都新宿区)で準決勝2試合を実施する。第1試合では大津(熊本)と関東第一(東京B)、第2試合では高川学園(山口)と青森山田(青森)が激突。ここでは準決勝の日程と放送予定を紹介する。

大会サイト(JFA公式HP)

■第100回全国高校サッカー選手権準決勝

日程:1月8日(土)

第1試合(12:05KO):大津(熊本) vs 関東第一(東京B)

第2試合(14:20KO):高川学園(山口) vs 青森山田(青森)

放送予定

地上波:日本テレビ
ネット:TVerSports Bull

■見どころ

第100回大会を迎える全国高校サッカー選手権は、8大会ぶりに国立競技場で決勝を開催する。パリ五輪、また未来の日本代表を占う上でも目が離せない戦いも、佳境を迎えている。

優勝候補筆頭に挙げられる青森山田は、大社(島根)、阪南大学高(大阪)、東山(京都)を下してベスト4に進出。2大会連続準優勝に終わっているだけに、今大会へ懸ける思いは強い。その青森山田と準決勝で対戦するのは高川学園。これまでに星稜(石川)、岡山学芸館(岡山)、仙台育英(宮城)を下し、準々決勝では桐光学園(神奈川)に競り勝って同校の過去最高成績に並ぶ4強入りを果たした。

中津東(大分)、尚志(福島)、矢板中央(栃木)に勝利した関東第一は、準々決勝で静岡学園(静岡)にPK戦の末に勝利。4人のJクラブ内定者を擁する強豪に競り勝ち勢いに乗る。対戦相手の大津は中部大学第一(愛知)、東福岡(福岡)、佐賀東(佐賀)、前橋育英(群馬)を下して初の4強に進出している。

■出場校一覧

北海道:北海高等学校(2大会ぶり11回目)
青森:青森山田高等学校(25大会連続27回目)
岩手:専修大学北上高等学校(2大会ぶり2回目)
秋田:秋田市立秋田商業高等学校(2大会ぶり46回目)
山形:羽黒高等学校(3大会ぶり8回目)
宮城:仙台育英学園高等学校(5大会連続36回目)
福島:尚志高等学校(2大会ぶり12回目)
茨城:鹿島学園高等学校(2大会連続10回目)
群馬:前橋育英高等学校(2大会ぶり24回目)
栃木:矢板中央高等学校(5大会連続12回目)
埼玉:西武台高等学校(11大会ぶり4回目)
千葉:流通経済大学付属柏高等学校(3大会ぶり7回目)
東京A:堀越高等学校(2大会連続4回目)
東京B:関東第一高等学校(2大会連続4回目)
神奈川:桐光学園高等学校(3大会ぶり12回目)
山梨:山梨学院高等学校(2大会連続8回目)
新潟:帝京長岡高等学校(4大会連続9回目)
富山:富山第一高等学校(7大会連続32回目)
長野:長野市立長野高等学校(初出場)
石川:星稜高等学校(2大会連続30回目)
福井:丸岡高等学校(4大会連続32回目)
静岡:静岡学園高等学校(2大会ぶり13回目)
愛知:中部大学第一高等学校(初出場)
岐阜:帝京大学可児高等学校(3大会連続8回目)
三重:三重高等学校(4大会ぶり2回目)
滋賀:草津東高等学校(2大会ぶり12回目)
京都:東山高等学校(3大会ぶり4回目)
奈良:奈良育英高等学校(10大会ぶり14回目)
和歌山:近畿大学附属和歌山高等学校(12大会ぶり8回目)
大阪:阪南大学高等学校(6大会ぶり2回目)
兵庫:滝川第二高等学校(4大会ぶり21回目)
鳥取:米子北高等学校(12大会連続17回目)
島根:大社高等学校(2大会連続11回目)
広島:広島県瀬戸内高等学校(3大会ぶり2回目)
山口:高川学園高等学校(3大会連続27回目)
岡山:岡山学芸館高等学校(2大会ぶり4回目)
香川:高松商業高等学校(4大会ぶり24回目)
愛媛:今治東中等教育学校(2大会ぶり2回目)
徳島:徳島商業高等学校(11大会ぶり40回目)
高知:高知高等学校(2大会ぶり17回目)
福岡:東福岡高等学校(2大会連続22回目)
佐賀:佐賀東高等学校(2大会連続12回目)
大分:中津東高等学校(7大会ぶり5回目)
宮崎:宮崎日本大学高等学校(2大会連続2回目)
熊本:大津高等学校(3大会ぶり18回目)
長崎:長崎総合科学大学附属高等学校(2大会ぶり8回目)
鹿児島:神村学園高等部(5大会連続9回目)
沖縄:西原高等学校(31大会ぶり4回目)

チーム紹介トーナメント表(JFA公式)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト