【陸上】日本選手権4日目:女子5000mは廣中璃梨佳が優勝…2位の新谷仁美とともに東京五輪代表内定

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

Tokyo2020(東京五輪)の日本代表選考会を兼ねる第105回日本陸上競技選手権大会は6月27日に最終日を迎えた。女子5000mでは廣中璃梨佳(JP日本郵政G)が優勝し、2位の新谷仁美(積水化学)とともに日本代表に内定。3位にはすでに内定を得ている田中希実(豊田織機TC)が入った。

参加資格有資格者(参加標準記録突破者)一覧・参加標準記録など(JAAF公式HP)

第105回日本陸上競技選手権大会・結果(JAAF公式HP)

日本陸上競技選手権は6月24日から27日まで、ヤンマースタジアム長居(大阪府大阪市)で開催されている。今大会における東京五輪日本代表内定条件は「3位以内に入ること」と「日本選手権を含む有効期間内に参加標準記録を突破していること」の2点。廣中と新谷はすでに女子5000m参加標準記録(15分10秒00)を突破していた。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト
登録はこちら 登録はこちら