男子バスケW杯、日本代表メンバー内定12名を発表:9月1日に初戦・トルコ戦

文: 渡辺文重

日本バスケットボール協会(JBA)は8月27日、FIBAバスケットボールワールドカップ2019に出場する「Akatsuki Five(男子日本代表チーム)」の、最終エントリー内定者12名を発表した。最終エントリーメンバー12名は、大会開幕前日にFIBA(国際バスケットボール連盟)が実施するテクニカルミーティング(代表者会議)にて承認されることで確定する。

【Akatsuki Five】

PG 3 安藤誓哉(アルバルク東京)

SG 6 比江島 慎(宇都宮ブレックス)

PG 7 篠山竜青(川崎ブレイブサンダース)

SF 8 八村 塁(ワシントン・ウィザーズ/米国)

PF 10 竹内公輔(宇都宮ブレックス)

SF 12 渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ/米国)

SG 13 安藤周人(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

PF 15 竹内譲次(アルバルク東京)

SF 18 馬場雄大(アルバルク東京)

C 22 ファジーカス・ニック(川崎ブレイブサンダース)

SG 24 田中大貴(アルバルク東京)

C 32 シェーファー・アヴィ・幸樹(滋賀レイクスターズ)

※PG=ポイントガード、SG=シューティングガード、SF-スモールフォワード、PF=パワーフォワード、C=センター

チュニジア戦の日本代表

4年に一度開催されるW杯。2019年は中国で開催される。8月31日に開幕し、9月15日に決勝戦が行われる。出場32カ国は4カ国ずつ8つプールに分かれ、総当たり1回戦を実施。上位2カ国が2次ラウンドに進出し、下位2カ国は17位-32位決定戦を行う。

【出場32カ国】

プールA:コートジボアール、ポーランド、ベネズエラ、中国

プールB:ロシア、アルゼンチン、韓国、ナイジェリア

プールC:スペイン、イラン、プエルトリコ、チュニジア

プールD:アンゴラ、フィリピン、イタリア、セルビア

プールE:トルコ、チェコ、アメリカ、日本

プールF:ギリシャ、ニュージーランド、ブラジル、モンテネグロ

プールG:ドミニカ、フランス、ドイツ、ヨルダン

プールH:カナダ、セネガル、リトアニア、オーストラリア

プールEの日本代表の1次ラウンド試合日程は以下の通り。

日本時間9月1日(日)17:30~ トルコ代表戦

日本時間9月3日(火)17:30~ チェコ代表戦

日本時間9月5日(木)21:30~ アメリカ合衆国代表戦

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト