【卓球】世界選手権第6日|混合ダブルス・張本智和&早田ひなが銀メダル獲得

早田は伊藤美誠との女子ダブルスでも決勝進出

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

アメリカ合衆国テキサス州で開催されているITTF(国際卓球連盟)世界選手権ヒューストン大会は現地時間11月28日に6日目を迎えた。混合ダブルスは準決勝と決勝を実施。張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)ペアが、銀メダルを獲得した。

張本/早田ペアは準決勝で、リン・ガオユエン(中国)/リリー・チャン(アメリカ合衆国)ペアにフルセットの末勝利。決勝では中国のワン・チューチン/スン・インシャにストレートで敗れ、準優勝で大会を終えた。

早田は伊藤美誠(スターツ)とのペアで女子ダブルスにも出場。準決勝でチェン・ティエンイ/チェン・ムン(ともに中国)ペアを下し、29日の決勝に進んだ。決勝ではスン・インシャ/ワン・マンユ(ともに中国)ペアと対戦する。

男子ダブルスの戸上隼輔/宇田幸矢(ともに明治大学)ペアは、準決勝で韓国ペアに敗戦。銅メダルが確定した。

世界卓球特集:ITTF世界選手権ヒューストン大会(日本卓球協会)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト