世界空手連盟が東京五輪代表選考制度を改定

文: オリンピックチャンネル編集部
空手の東京オリンピック代表選考方式改定が発表された

世界空手連盟(WKF)は5月20日、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で2021年に延期となったTokyo2020(東京五輪)代表選考制度を改定すると発表した。日本勢では組手男子67キロ級・佐合尚人、女子61キロ級・染谷真有美の五輪出場権が見直される可能性がある。

東京オリンピックの空手出場枠は各種目「10」。WKFはそのうち4枠を、4月6日時点のWKFオリンピック・スタンディング(五輪代表選考専用の世界ランキング)で決定するとしていたが、4月6日までに行われる最後の世界大会、KARATE1プレミアリーグ第4戦・ラバト大会(モロッコ)が新型コロナウイルスの影響で中止となった。そのため、東京オリンピックの代表選考制度を変更。KARATE1プレミアリーグ第3戦までのランキングを基に代表を出場選手を決めるとした。しかし、東京オリンピックが1年延期となったことを受けWKFは5月20日、当初の大会数でオリンピック代表選考を行うと発表した。中止となった2020年プレミアリーグ・ラバト大会の代替は、2021年の同大会となる。

またWKFは同時に、東京オリンピック予選大会を2021年に開催すると発表した。新たな開催日は、後日決定される。

全日本空手道連盟(JKF)は、代表選考方式についてWKFに確認を行ったうえで強化委員会など会議を経たのち、方針を打ち出していくとしている。

空手は形と組手で男女計8種目があり、日本は全種目で開催国枠を持つ。JKFは3月17日に一度、東京オリンピック日本代表選手を発表していた。

東京五輪の日本代表候補、全8階級で確定か(3月17日)

3月17日にJKFから発表された代表選手

  • 男子形:喜友名諒(一般社団法人 劉衛流龍鳳会)
  • 女子形:清水希容(ミキハウス)
  • 男子67キロ級:佐合尚人(高栄警備保障株式会社)
  • 男子75キロ級:西村拳(株式会社チャンプ)
  • 男子75キロ超級:荒賀龍太郎(荒賀道場)
  • 女子55キロ級:宮原美穂(帝京大学職員)
  • 女子61キロ級:染谷真有美(茨城県職員)
  • 女子61キロ超級:植草歩(JAL)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト
登録はこちら 登録はこちら