Loading...

【マラソンスイミング】世界最終予選:貴田裕美と南出大伸が東京五輪出場権を獲得

MarathonSwimming

国際水泳連盟(FINA)は6月19日と20日の両日、Tokyo 2020(東京五輪)のマラソンスイミング世界最終予選をセトゥバル(ポルトガル)で開催。日本からは男女2名ずつが出場し、女子では貴田裕美(コナミスポーツ)が、男子では南出大伸(木下グループ)が出場権を獲得した。

19日に行われた女子予選では、貴田が12位、新倉みなみ(セントラルスポーツ)が19位。20日に行われた男子予選では、南出が6位、豊田壮(チームフクイ)は23位だった。

これらをお気に入りに追加
Yumi KIDAYumi KIDA
マラソンスイミングマラソンスイミング
もっと見る

You May Like