【プロ野球】9月8日|6勝目のヤクルト・奥川が22年ぶり快挙、中日・田島が通算100ホールド

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 写真:時事

9月7日、東京ヤクルトスワローズの奥川恭伸が今シーズン6勝目をマーク。球団では高卒2年目以内のシーズン6勝は22年ぶりの記録となった。また、中日ドラゴンズの田島慎二が通算100ホールドを達成した。

阪神甲子園球場での阪神タイガース戦に先発登板した奥川は、7回2安打無失点・8奪三振の快投を披露。打線の大量援護にも守られ、今シーズン6勝目を手にした。高卒2年目以内でのシーズン6勝は、1999年に当時高卒2年目の五十嵐亮太氏が記録して以来、22年ぶり。

マツダスタジアムで行われた広島東洋カープ戦、2番手で登板した田島は0.1回を無失点に抑え、今シーズン3ホールド目をマーク。これで通算100ホールドを達成、プロ野球史上36人目の記録となった。