【プロ野球】9月5日|広島・菊池涼が13号含む4安打4打点、ソフトバンク・リチャードが満塁弾含む2発6打点

プロ野球は9月5日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、広島東洋カープが東京ヤクルトスワローズに快勝。パシフィック・リーグでは、福岡ソフトバンクホークスがオリックス・バファローズに大勝を収めた。ここでは5日の試合を振り返る。

広島東洋カープは、菊池涼介が13号ソロを含む4安打4打点の活躍を見せ、東京ヤクルトスワローズに快勝。7回4安打1失点・7奪三振の先発・床田寛樹が、今シーズン3勝目を手にした。ヤクルトは先発の田口麗斗が試合を作れなかった。

中日ドラゴンズは0-0の8回、福留孝介、京田陽太のタイムリーで2点を挙げ、横浜DeNAベイスターズとの接戦を制した。4番手の又吉克樹が今シーズン初勝利。DeNAは先発の今永昇太が好投も、打線が5安打無得点と援護できなかった。

阪神タイガースは終盤、糸井嘉男のタイムリーなどで6点差を追いつき、読売ジャイアンツと引き分けた。巨人は岡本和真の35号3ランなどでリードを奪うも、ミスが失点につながってしまった。

福岡ソフトバンクホークスはリチャードがプロ初本塁打となる満塁弾に、2号ソロを放つなど2安打6打点の活躍を見せ、オリックス・バファローズに大勝。5回3安打2失点の先発・和田毅が、今シーズン5勝目を挙げた。

東北楽天ゴールデンイーグルスは、茂木栄五郎の2打席連続タイムリーなどで8点を挙げ、埼玉西武ライオンズに大勝。投げては2番手で2回無失点の好リリーフを見せた西口直人が、今シーズン3勝目を手にした。

千葉ロッテマリーンズは、荻野貴司のタイムリーと藤原恭大の犠牲フライで挙げた2点を守り切り、北海道日本ハムファイターズに競り勝った。先発のロメロは7回1失点・9奪三振と好投し、今シーズン初勝利。

9月5日の試合結果

ヤクルト1-6広島

中日2-0DeNA

阪神6-6巨人

ソフトバンク12-4オリックス

楽天8-2西武

ロッテ2-1日本ハム