【プロ野球】9月19日|オリックス・T-岡田が2本塁打、巨人・菅野が5勝目

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 時事

プロ野球は9月19日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、読売ジャイアンツが阪神タイガースに大勝。パシフィック・リーグでは、オリックス・バファローズが埼玉西武ライオンズに逆転勝利を収めた。ここでは19日の試合を振り返る。

横浜DeNAベイスターズは初回、桑原将志の先頭打者本塁打などで4点を先制すると、中盤にもソトのタイムリーなどで5点を追加し、中日ドラゴンズに大勝。先発の今永昇太は9回4安打1失点・6奪三振と好投し、完投で5勝目を挙げた。

東京ヤクルトスワローズは、青木宣親の2ラン、村上宗隆の通算100号となるソロなどで5点を挙げ、広島東洋カープに快勝を収めた。6回1失点の先発・原樹理が、今シーズン2勝目を手にした。

読売ジャイアンツは吉川尚輝、坂本勇人、ウィーラーの一発などで阪神タイガースに大勝。投げては先発の菅野智之が、7回5安打1失点の好投を見せ、今シーズン5勝目をマークした。

東北楽天ゴールデンイーグルスは2-2の7回、島内宏明の決勝2ランが飛び出し、福岡ソフトバンクホークスに勝利。3番手で1回無失点の好リリーフを見せた西口直人が、今シーズン4勝目を手にした。

オリックス・バファローズはT-岡田が2本塁打3打点の活躍を見せ、埼玉西武ライオンズに逆転勝利。先発の山﨑福也は6回3安打1失点と好投し、今シーズン6勝目をマークした。

千葉ロッテマリーンズは投打が噛み合い、北海道日本ハムファイターズに快勝。投げては先発の小島和哉が、9回4安打無失点の快投を見せ、完封で今シーズン8勝目を挙げた。打っては好調のレアードが、一発を含む3安打3打点の活躍で勝利に貢献した。

9月19日の試合結果

  • DeNA9-1中日
  • ヤクルト5-1広島
  • 阪神1-8巨人
  • 楽天4-2ソフトバンク
  • オリックス4-1西武
  • 日本ハム0-4ロッテ

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト