【プロ野球】8月31日|地元凱旋の巨人・吉川が3安打4打点、楽天が3本塁打で逆転勝利

写真: 時事

プロ野球は8月31日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、読売ジャイアンツが東京ヤクルトスワローズとの打撃戦を制した。パシフィック・リーグでは東北楽天ゴールデンイーグルスが3本塁打で福岡ソフトバンクホークスに快勝。ここでは31日の試合を振り返る。

読売ジャイアンツは4-4の6回、吉川尚輝の満塁の走者一掃のタイムリーなどで勝ち越し、東京ヤクルトスワローズとの打撃戦を制した。2番手の鍵谷陽平が今季3勝目。吉川は地元・岐阜で本塁打を含む3安打4打点の大活躍を見せた。

横浜DeNAベイスターズは序盤、5点のビハインドを背負うも、牧秀悟、佐野恵太、ソトの一発で広島東洋カープに逆転勝利。5番手のエスコバーが3勝目を手にした。

中日ドラゴンズは5-5で迎えた7回、高橋周平のタイムリーなどで3点を勝ち越し、阪神タイガースに勝利。高橋は2安打4打点の活躍を見せた。3番手の田島慎二が今シーズン2勝目。

北海道日本ハムファイターズは1-1の5回、野村佑希のタイムリーで勝ち越し、オリックス・バファローズとの接戦を制した。先発の上沢直之は7回1失点・10奪三振の好投で8勝目。

千葉ロッテマリーンズはマーティンが23号弾を含む2安打3打点の活躍を見せ、埼玉西武ライオンズに快勝。投げては先発の美馬学が、7回4安打1失点の力投で5勝目を手にした。

東北楽天ゴールデンイーグルスは鈴木大地、カスティーヨ、島内宏明に一発が飛び出し、福岡ソフトバンクホークスに逆転勝ち。投げては2番手で3回無失点の好リリーフを見せた西口直人が、今季2勝目を手にした。

8月31日の試合結果

巨人10-8ヤクルト

DeNA7-6広島

阪神5-8中日

日本ハム3-1オリックス

ロッテ5-1西武

ソフトバンク3-6楽天