【プロ野球】6月23日の試合結果|巨人が開幕4連勝、阪神は今季初勝利…ロッテはサヨナラ死球で3連勝

文: オリンピックチャンネル編集部

プロ野球は6月23日、開幕2カード目の初戦となる6試合を開催した。読売ジャイアンツが開幕から4連勝を達成。阪神タイガースは東京ヤクルトスワローズを下し、今季初白星を挙げた。千葉ロッテマリーンズはサヨナラ死球で勝利。ここでは23日に行われたセ・パ両リーグの6試合を振り返る。

阪神タイガースの先発・青柳晃洋が6回無失点と好投/時事

開幕3連勝の読売ジャイアンツは、2年目の戸郷翔征が先発。5回までに3点のリードをもらう。7回表、西川龍馬にソロ本塁打を被弾。その後もピンチを招いて降板となるも、後続が広島カープ打線を抑え、3-2で勝利を収めた。

3連敗中の阪神タイガースは初回、4番・マルテの2ランなどで3点のリードを奪う。先発・青柳晃洋は6回を無失点の好投。9回に登板した藤川球児が1失点を喫するも、4-1で今季初勝利を飾った。東京ヤクルトスワローズは今季3敗目。

横浜DeNAベイスターズは5回裏、オースティンとロペスの適時打で2点を先制する。先発・濵口遥大は9回にピンチを作るも、今季初登板の守護神・山﨑康晃が後続を断ち、ゲームセット。今季初の連勝を収めた。中日ドラゴンズは今季初の完封負け。

東北楽天ゴールデンイーグルスは2回裏、浅村栄斗とロメロのソロで2点を先制する。投げては、弓削隼人、J.T.シャギワ、ブセニッツ、森原康平の完封リレーで、今季3勝目を挙げた。北海道日本ハムファイターズは打線のつながりを欠き、今季二度目の完封負け。

埼玉西武ライオンズは2回裏、スパンジェンバーグの満塁本塁打で先制。その後も7回まで11点を挙げる猛攻を見せる。投げては、髙橋光成、平井克典、平良海馬、宮川哲、森脇亮介とつないで、福岡ソフトバンクホークスの攻撃を3点に抑えた。西武は3試合ぶりの勝利で2勝2敗の5分。ソフトバンクは3連敗となった。

千葉ロッテマリーンズは1回裏、3番・清田育宏、4番・レアードのアベック弾で3点のリードを奪う。オリックス・バファローズは5回、4番・ジョーンズの1号ソロで反撃開始。6回には吉田正尚と中川圭太の適時打で逆転に成功する。その後、両チームとも1点ずつを加えて迎えた9回裏。ロッテは井上晴哉の適時打で追いつくと、最後は荻野貴司が押し出しのデッドボールを受け、サヨナラ勝ち。3連勝を達成した。オリックスは今季3敗目。

全試合の結果は以下の通り。

<6月23日(火)の試合結果>

巨人 3-2 広島

ヤクルト 1-4 阪神

DeNA 3-0 中日

楽天 4-0 日本ハム

西武 11-3 ソフトバンク

ロッテ 6-5 オリックス

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト