【プロ野球】10月23日|巨人・大竹寛が現役引退…プレミア12では世界一に貢献

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 時事

読売ジャイアンツは10月22日、大竹寛が今季限りで現役を引退することを発表した。大竹は2001年のドラフト1位で浦和学院高から広島東洋カープに入団。2003年に初勝利を挙げると、4度の二桁勝利を記録した。

2014年にFAで巨人に移籍し、2019年、2020年には中継ぎ投手としてリーグ連覇に貢献。2019年には侍ジャパン(野球日本代表)の一員として第2回WBSCプレミア12に出場、世界一に輝くも、今季は故障の影響もあり、ここまで3試合の登板にとどまっていた。通算成績は375試合に登板して102勝101敗26ホールド17セーブ、防御率は3.77となっている。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト