【プロ野球】10月23日|ロッテ・荻野がサヨナラ打、巨人・丸が2発含む4安打4打点

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 時事

プロ野球は10月23日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ2試合の計5試合が行われた。セントラル・リーグでは、読売ジャイアンツが東京ヤクルトスワローズに大勝。パシフィック・リーグでは、千葉ロッテマリーンズが北海道日本ハムファイターズに劇的サヨナラ勝ちを収めた。ここでは23日の試合を振り返る。

読売ジャイアンツは丸佳浩が2本塁打を含む4安打4打点の大暴れ。先発の菅野智之は5回2安打1失点・6奪三振の好投を見せ、今シーズン6勝目をマーク。東京ヤクルトスワローズは投打で振るわなかった。

横浜DeNAベイスターズは投打が噛み合い、中日ドラゴンズに完勝。投げては先発の東克樹が8回1安打無失点の快投で、今シーズン初勝利。打っては牧秀悟が4安打2打点、楠本泰史が2安打3打点と、二人で全得点を叩き出す活躍を見せた。

広島東洋カープは3回、西川龍馬のタイムリーで先制に成功。しかし7回、阪神タイガースが坂本誠志郎のタイムリーで追いつき、試合を引き分けに持ち込んだ。

千葉ロッテマリーンズは3-3で迎えた9回、無死満塁から荻野貴司がタイムリーを放ち、北海道日本ハムファイターズに劇的サヨナラ勝ち。4番手の益田直也が、今シーズン3勝目を手にした。

東北楽天ゴールデンイーグルスは浅村栄斗の3ランなどで8得点を挙げ、福岡ソフトバンクホークスに大勝。先発の瀧中瞭太は6回1失点・6奪三振と好投し、今シーズン10勝目をマークした。

10月23日の試合結果

巨人11-1ヤクルト

DeNA5-0中日

広島1-1阪神

ロッテ4-3日本ハム

楽天8-1ソフトバンク

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト