【プロ野球】10月16日|楽天・岸孝之が快投で9勝目…巨人は広島に黒星で10連敗

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 時事

プロ野球は10月16日、セントラル・リーグ2試合、パシフィック・リーグ3試合を開催。セ・リーグ3位の読売ジャイアンツが、同4位の広島東洋カープに敗れて10連敗。両チームのゲーム差は3となった。パ・リーグでは、東北楽天ゴールデンイーグルスが埼玉西武ライオンズに快勝している。

広島は1回表、宇草孔基の先頭打者本塁打などで4点。3回には鈴木誠也、菊池涼介にも一発が飛び出し、6回で8点をリードする。巨人は7回、ウィーラーのソロ本塁打を口火に5点、9回裏にも2点を挙げるが一歩及ばず、10連敗となった。

中日ドラゴンズは1点を追う5回表、根尾昂、ビシエド、高橋周平のタイムリーヒットで4点を奪い逆転する。8回にも相手ミスから1点を加え、東京ヤクルトスワローズに白星。5回3失点の先発・ロドリゲスに今季初勝利(4敗)に付いた。

楽天は1回裏、島内宏明の2試合連続となる本塁打で2点を先制。楽天先発の岸孝之が7回を被安打3の無失点で9勝目(9敗)。西武は6安打無得点と打線のつながりを欠いた。

北海道日本ハムファイターズは6回裏、ロニー・ロドリゲスのタイムリーで先制。オリックス・バファローズは1点を追う8回、日本ハム2番手の堀瑞輝からモヤがタイムリーヒットを放ち、引き分けに持ち込んだ。

福岡ソフトバンクホークスは柳田悠岐、栗原陵矢、デスパイネのホームランなどで10点を奪い、千葉ロッテマリーンズに大勝を収めた。投げては2番手の杉山一樹が5回を被安打ゼロの無失点に抑えて2勝目(2敗)。ロッテも3回までに3本塁打を放ったものの、投手陣が踏ん張れなかった。

10月16日の試合結果

  • 巨人 7-8 広島
  • ヤクルト 3-5 中日
  • 日本ハム 1-1 オリックス
  • 楽天 3-0 西武
  • ロッテ 4-10 ソフトバンク

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト