【プロ野球】10月13日|ヤクルト、村上宗隆の2ランなどで中日に逆転勝ち

パ・リーグ首位攻防戦…ロッテが首位オリックスに大勝

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 時事

プロ野球は10月13日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合を開催した。セ・リーグ首位の東京ヤクルトスワローズは中日ドラゴンズに逆転勝利。パ・リーグでは、2位の千葉ロッテマリーンズがオリックス・バファローズとの首位攻防戦を制している。

1点を追うヤクルトは5回表、サンタナのタイムリーヒットで追いつくと、6回には村上宗隆の2ランが飛び出し、中日に逆転勝ちを収めた。先発・サイスニードは5回を被安打2失点1。6回先頭打者に四球を出して降板となったものの6勝目(2敗)を手にした。

3位の読売ジャイアンツと2位の阪神タイガースによる一戦は、4回までに2点ずつを取り合う展開。しかし5回以降は両投手陣が無失点を続け、2-2で引き分けとなった。巨人は先発の菅野智之が7回2失点と好投。阪神は坂本誠志郎がソロ本塁打を含む2安打2打点の活躍を見せた。

横浜DeNAベイスターズは3点を追う5回表、打者12人6安打の猛攻を見せて一挙7得点。6回には佐野恵太、牧秀悟の本塁打も飛び出し、広島東洋カープに逆転勝ちを収めた。2番手のピープルズが3勝目(4敗)。

ロッテは16安打8得点と打線がつながり、オリックスに大勝。先発の石川歩は被安打6失点2、完投で5勝目(3敗)を飾った。

北海道日本ハムファイターズは2点リードで迎えた7回裏、清水優心のグランドスラムなど一挙7点を挙げ、10-2で埼玉西武ライオンズに大勝。先発のアーリンは5回を被安打3失点1の好投で2勝目(2敗)を手にした。

東北楽天ゴールデンイーグルスは8回に鈴木大地の犠飛で追いつくと、9回には岡島豪郎のタイムリーヒットで福岡ソフトバンクホークスにサヨナラ勝ち。3番手の宋家豪が3勝目(3敗4セーブ)をマークした。

10月13日の試合結果

  • 巨人 2-2 阪神
  • 中日 1-3 ヤクルト
  • 広島 3-9 DeNA
  • 日本ハム 10-2 西武
  • 楽天 2-1 ソフトバンク
  • オリックス 2-8 ロッテ