プロ野球およびJリーグが開幕・再開後の全試合日程を発表

文: 渡辺文重

日本野球機構(NPB)は6月15日、2020シーズンのセントラル・パシフィック両リーグの全試合日程を発表。両リーグとも24回戦総当たりの120試合(1球団あたり)で順位が決定される。またJリーグも同日、2020明治安田生命Jリーグ(J1・J2・J3)などの日程を発表した。

いよいよ開幕・再開されるJリーグとプロ野球/時事

■プロ野球の全日程発表、CSはパのみ実施

NPBは19日に開幕する2020年度JERAセントラル・リーグ選手権試合および2020年度パシフィック・リーグ選手権試合の全試合日程を発表。公式サイトに掲載した。

両リーグとも、1球団あたり120試合が行われ、11月7日に東京ドームで行われる読売ジャイアンツ対東京ヤクルトスワローズでレギュラーシーズンを終える。その後、パ・リーグは14日からクライマックスシリーズ(CS)を開催。従来の上位3球団が参加する方式とは異なり、レギュラーシーズンの1位と2位が対戦。1位にアドバンテージ1勝が付いた4試合制で行われる。日本シリーズは21日に開幕する予定だ。

■Jリーグおよびルヴァン杯の日程を発表

日本プロサッカーリーグ・Jリーグは6月15日、2020明治安田生命Jリーグ(J1・J2・J3)および2020JリーグYBCルヴァンカップの日程を発表した。J1第2節・第3節、J2第2節・第3節、J3第1節、第2節については「リモートマッチ」(無観客試合)での開催となる。

第1節終了時点で中断となったJ1リーグは、7月4日に再開。近隣クラブとの対戦を先に行うという方針から、第2節は清水エスパルス vs 名古屋グランパスの「東海ダービー」、ガンバ大阪 vs セレッソ大阪の「大阪ダービー」、大分トリニータ vs サガン鳥栖の「九州ダービー」などが組まれている。