【フリースタイルスキー】男子W杯モーグル予選:堀島行真が予選を首位通過

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

世界4カ国で開催されているフリースタイルスキーのFIS(国際スキー連盟)ワールドカップ。スウェーデン・イドレ開催のモーグルW杯では現地時間12月10日に予選が行われ、男子の堀島行真(トヨタ自動車スキー部)が首位、杉本幸祐(デイリーはやしや)が7位で上位16名による決勝へ進んだ。原大智(日本スキー場開発スキークラブ)は22位、松田颯(しまだ病院 Snow Team)は63位。

同日・同地では女子デュアルモーグルの予選も行われ、川村あんり(日本体育大学桜華高等学校)、柳本理乃(愛知工業大学)、冨髙日向子(多摩大学)、住吉輝紗良(日本大学)が12日の決勝へ進出。星野純子(チームリステル)と中尾春香(大阪産業大学)は予選敗退となっている。

フィンランド・ルカではエアリアルW杯が開催。10日に行われた男子エアリアルでは、五十嵐晴冬(日本体育大学)が36位、田原直哉(株式会社ガイアスジャパン)が43位となっている。同日開催の女子エアリアルでは、碓氷衣織(早稲田大学)が15位だった。優勝は、男子がマキシム・ブロフ(ロシア)、女子がアナスタシヤ・ノボサド(ウクライナ)。

フランス・ヴァルトーレンで開催のスキークロスW杯は11日に予選・決勝を実施。日本からは男子の須貝龍(チームクレブ)、古野哲也(ライフケア神戸・MRSC)、小林竜登(三重県民共済スキークラブ)がエントリーしている。

アメリカ合衆国コロラド州カッパーマウンテンで開催されたハーフパイプW杯は、最終日の10日に決勝を実施。男子はアレックス・フェレーラ(米国)、女子はグ・エイリング・アイリーン(中国)が制している。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト