【フットサル】ワールドカップ:日本はアンゴラを下し白星発進

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

FIFA(国際サッカー連盟)フットサルワールドカップ(W杯)リトアニア2021が、現地時間9月14日に3日目を迎えた。グループEの日本代表はオリベイラ・アルトゥール(名古屋オーシャンズ)の4得点などで、アンゴラ代表に8-4で勝利。大会初戦を白星で飾った。

グループEのもう1試合では、スペイン代表がパラグアイ代表を4-0で下した。日本代表は次戦、現地時間17日(日本時間18日0時キックオフ)にスペイン代表とのグループステージ第2戦に臨む。

今大会には24チームが出場。4チームずつ6つのグループに分かれてグループステージを行い、各グループ上位2チームと、3位の成績上位4チームが決勝トーナメントに進む。