【フィギュアスケート】紀平梨花がブライアン・オーサー氏にコーチ変更...練習拠点はカナダ・トロントに

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

フィギュアスケート女子シングルで全日本選手権連覇中の紀平梨花(トヨタ自動車)は、9月8日よりコーチをブライアン・オーサー氏に変更する。同日、マネジメント会社が発表。紀平はコーチ変更に伴い、練習拠点をカナダ・トロントに移す。

紀平は8日より、オーサー氏率いる「チーム・ブライアン・オーサー」の下でトレーニングを行う。「チーム・ブライアン・オーサー」はオーサー氏のほかトレイシー・ウイルソン氏、ペイジー・アイストロープ氏、ジスラン・ブリアン氏、紀平の今季フリープログラムの振り付けを担当するデヴィッド・ウィルソン氏により構成。オーサー氏はソチ、平昌五輪男子シングル金メダリストの羽生結弦(ANA)らのコーチも務めている。

北京五輪シーズンを新たな環境でスタートさせる紀平は今回のコーチ変更に際し、以下のコメントを発表した。

「多くのトップスケーターを輩出してきたブライアン・オーサーコーチと彼のチームの指導の下、2022年北京冬季オリンピックを目指すこととなり大変嬉しく思います。また、練習場所となるトロントクリケットクラブは、素晴らしい施設を備えた恵まれた練習環境なので、一日一日を大切に練習を積み重ねていきたいと思います。応援宜しくお願い致します」