【フィギュアスケート】欧州選手権1日目:アンドレイ・モザレフが男子SP首位…上位をロシア勢が独占

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

ISU(国際スケート連盟)欧州フィギュアスケート選手権2022が現地時間1月12日、エストニア・タリンのトンディラバアイスホールで開幕。初日は男子シングルとペアの前半ショートプログラム(SP)が行われ、男子SPではアンドレイ・モザレフ(ロシア)が99.76点で首位となった。2位は99.06点のマルク・コンドラチュク、3位は99.04点のエフゲニー・セメネンコと、ロシア勢が上位を独占している。男子SP上位24名による後半フリースケーティング(FS)は14日に行う。

21組が出場したペアも、アナスタシヤ・ミーシナ/アレクサンドル・ガリアモフ、エフゲーニヤ・タラソワ/ウラジミール・モロゾフ、アレクサンドラ・ボイコワ/ドミトリー・コズロフスキーと、上位3組までをロシア勢が独占。上位16ペアによる後半FSは、13日に開催される。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト