【フィギュアスケート】宇野昌磨、坂本花織、宮原知子らがジャパンオープンに出場

文: オリンピックチャンネル編集部

「木下グループカップ フィギュアスケートジャパンオープン 2021」の出場選手が9月10日、大会公式ホームページで発表された。男子は平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨、女子は坂本花織や宮原知子らが出場。大会は10月2日に、さいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市)で行われる。

ジャパンオープンは例年、プロアマ男女混合の団体戦形式で日本、北米、欧州の3チームによって争われている。2020年、2021年大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響で日本人選手のみの2チーム対抗戦で実施。2021年大会には男女各6選手が出場する。

10日に発表された選手は男子が4名、女子が5名。追加選手は決定次第発表される。

ジャパンオープン2021出場選手

男子

  • 宇野昌磨(トヨタ自動車)
  • 田中刑事(国際学園)
  • 佐藤駿(フジ・コーポレーション)
  • 友野一希(セントラルスポーツ)

女子

  • 坂本花織(シスメックス)
  • 宮原知子(木下グループ)
  • 松生理乃(中京大中京高校)
  • 三原舞依(シスメックス)
  • 河辺愛菜(木下アカデミー)

大会公式HP