【フィギュアスケート】全米選手権:女子シングルはマライア・ベルが初優勝

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2022 Getty Images

北京五輪アメリカ合衆国代表選考会を兼ねる全米フィギュアスケート選手権(テネシー州ナッシュビル)は現地時間1月7日、女子シングルの後半競技・フリースケーティング(FS)を実施。前半競技・ショートプログラム(SP)首位のマライア・ベルが、FSでも1位となる140.70点をマークし、合計216.25点で初優勝を飾った。

2位はカレン・チェンで213.85点、3位はイザボー・レヴィトで210.75点だった。

全米フィギュアスケート選手権:日程・結果

ペアSPは6日に行われ、アシュリー・ケイン/ティモシー・ルデュクが首位発進。7日のアイスダンスの前半競技・リズムダンスでは、マディソン・チョック/エヴァン・ベイツが1位となっている。ペアFSとアイスダンスの後半競技・フリーダンスは8日に実施される。男子シングルは8日にSP、9日にFSを行う。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト