【バレーボール】アジア男子選手権5日目:龍神NIPPON、中国に敗れて大会初黒星

文: 渡辺文重

千葉県で開催されている第21回アジア男子選手権大会は9月16日、休息日(15日)をはさみ、順位決定予備戦8試合を実施。予選グループリーグ戦A組1位の龍神NIPPON(男子日本代表)はE組となり、C組2位の中国代表と対戦したが、セットカウント1-3で大会初黒星を喫している。

順位決定予備戦は予選グループリーグ戦(A~D組)の成績から、新たに4グループ(E~H組)へ組み分け。予選グループリーグ戦の成績を持ち越し、総当たり1回戦の成績で順位を決める。E組で1勝1敗となった日本は17日、同じく1勝1敗のオーストラリア代表(C組1位)と対戦する。

■9月16日の試合結果

E組

  • カタール 3-0 オーストラリア
  • 日本 1-3 中国

F組

  • パキスタン 1-3 チャイニーズタイペイ
  • イラン 3-0 韓国

G組

  • インド 3-0 クウェート
  • バーレーン 3-0 ウズベキスタン

H組

  • タイ 1-3 カザフスタン
  • ホンコンチャイナ 0-3 サウジアラビア

第21回アジア男子選手権大会(日本バレーボール協会)