【テニス】全米OP第7日:男子単ダニール・メドベージェフ、女子単アリナ・サバレンカらが準々決勝進出

混合ダブルスの柴原瑛菜&マクラクラン勉は2回戦敗退

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

テニス四大大会(グランドスラム)の1つ、全米オープンは現地時間9月5日に第7日を迎えた。男子シングルスでは4回戦が行われ、ATP(男子プロテニス協会)世界ランキング2位のダニール・メドベージェフ(ロシア)、同15位のフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)らが準々決勝進出を決めた。

女子シングルスも4回戦を実施。WTA(女子テニス協会)世界ランキング2位のアリナ・サバレンカ(ベラルーシ)らが勝利を収めた。3回戦で大坂なおみ(日清食品/同3位)を破ったレイラ・アニー・フェルナンデス(カナダ/同73位)も準々決勝に進んでいる。

混合ダブルスの柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)&マクラクラン勉(イカイ)組は、アメリカ合衆国のジェシカ・ペグラ&オースティン・クライチェク組に0-2(6-7[1-7]、3-6)で敗れ、2回戦敗退となった。

全米OP第7日・結果