【テニス】全米OP第6日:錦織圭はジョコビッチに敗れ男子シングルス3回戦敗退

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

テニス四大大会(グランドスラム)の1つ、全米オープンは現地時間9月4日に第6日を迎えた。男子シングルスの錦織圭(日清食品/ATP世界ランキング56位)は、年間グランドスラムを狙うノバク・ジョコビッチ(セルビア/同1位)と対戦。第1セットを奪うが、そこから3セット連続で落とし1-3で敗れた。

男子ダブルスではマクラクラン勉(イカイ)&レイベン・クラーセン(南アフリカ)組が2回戦に出場。サンティアゴ・ゴンザレス(メキシコ)&アンドレス・モルテーニ(アルゼンチン)組に敗れた。

女子シングルスではTokyo 2020(東京五輪)金メダリストのベリンダ・ベンチッチ(スイス/WTA世界ランキング12位)、カロリナ・プリスコバ(チェコ/同4位)らが4回戦進出。同1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)は、3回戦でシェルビー・ロジャース(アメリカ合衆国/同43位)に敗れた。

混合ダブルスの柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)&マクラクラン勉組は、アメリカ合衆国のペアを下し2回戦に進んでいる。

全米OP第6日・結果