【テニス】全米OP第4日:錦織圭がフルセットの末に2回戦突破…3回戦でノバク・ジョコビッチと対決

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

テニス四大大会(グランドスラム)の1つ、全米オープンは現地時間9月2日に第4日を迎えた。男子シングルス2回戦では、ATP(男子プロテニス協会)世界ランキング56位の錦織圭(日清食品)が、同61位のマッケンジー・マクドナルド(アメリカ合衆国)をフルセットの末に退けている。

男子シングルスでは同1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)、Tokyo 2020(東京五輪)金メダルで同4位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、同8位のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)、同10位のデニス・シャポバロフ(カナダ)らが3回戦に進出。錦織は3回戦でジョコビッチと対戦する。

男子ダブルス1回戦では、マクラクラン勉(イカイ)とレイブン・クラーセン(南アフリカ)のペアが、ミッチェル・クルーガー&マイケル・モー組(アメリカ合衆国)を下している。