Loading...

テニス・全仏OP:錦織2回戦は世界85位ツォンガに、大坂なおみがいよいよ登場...奈良くるみの初戦は日没順延

1 By 佐藤隆弘
錦織2回戦の対戦相手は世界ランク85位ツォンガに決まった/AFP=時事
錦織2回戦の対戦相手は世界ランク85位ツォンガに決まった/AFP=時事

テニスの全仏オープンは28日、男女シングルス1回戦の2日目が行われ、世界ランク236位の奈良くるみ対同107位ダリア・ヤクポビッチ(スロベニア)の試合は、セットカウント1-1の状態で日没順延となった。

予選を突破して本戦出場を決めた奈良は、今大会4試合目となる本戦1回戦に臨んだ。第1セット、奈良は第4ゲームでブレークに成功すると、そのままリードを守り切って7-5で第1セットを奪う。第2セットも先にリードを奪った奈良だったが、その後逆転を許し、5-7で第2セットを落とす。この時点で試合は日没順延となり、第3セットは日本時間29日19時以降に行われる。

この日は男子シングルス上位シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア、世界ランク1位)や昨年優勝のラファエル・ナダル(スペイン、世界ランク2位)らが登場し、順当に2回戦へ駒を進めた。女子シングルスでは、全豪オープン準優勝のペトラ・クビトバが左腕の負傷で棄権。また、セリーナ・ウィリアムス(アメリカ)も1回戦で勝利し、キャリア通算800勝目を飾った。

男子シングルス1回戦の世界ランク85位ジョー=ウィルフリード・ツォンガ(フランス)対同96位ペーター・ゴヨウチク(ドイツ)の試合は、7-6(4)、6-1、4-6、6-3でツォンガが制し、錦織圭の2回戦の対戦相手はツォンガに決まった。錦織は初戦のアリスに続き、2試合連続で地元フランス勢の選手と対戦することになった。両者の対戦成績は錦織の5勝3敗。直近の対戦は2016年のパリ・マスターズで、その際は0-6、6-3、7-6(3)でツォンガが勝利した。
また、28日のスケジュールが発表され、大坂なおみの初戦はセンターコート「フィリップ・シャトリエ」の第2試合に組まれた。第4試合にはダニエル太郎対ガエル・モンフィスが行われる。コート10の第1試合では西岡良仁対マッケンジー・マクドナルドの試合が予定されており、第2試合で日没順延となっている奈良くるみの試合が行われる。さらに、第5試合では男子ダブルスにエントリーしているマクラクラン勉/ヤンレナルト・シュトルフ(ドイツ)組の初戦が行われる。

これらをお気に入りに追加
錦織圭/Kei NISHIKORI錦織圭/Kei NISHIKORI
Kurumi NARAKurumi NARA
テニステニス
もっと見る

You May Like