Loading...

テニス・全仏OP:錦織圭は地元フランス選手をストレートで下し、1回戦突破...土居美咲は敗退

1 By 佐藤隆弘
ストレート勝ちで2回戦進出を決めた錦織圭
ストレート勝ちで2回戦進出を決めた錦織圭
ストレート勝ちで2回戦進出を決めた錦織圭

フランスのパリで行われているテニスの全仏オープンは、26日に1回戦各試合が行われ、世界ランク7位の錦織圭は同153位のカンタン・アリス(フランス)を6-2、6-3、6-4で下し、2回戦進出を決めた。

立ち上がりから2ゲームでブレークに成功した錦織は、4ゲーム連続で奪ってリードを広げ、6-2で第1セットをモノにする。第2セットでも先に2ゲームをブレークする優位な展開に。第8ゲームで初めてサービスゲームのキープに失敗するも、続くゲームで再びブレークし、6-3で第2セットも奪い、勝利まであと1セットに迫る。錦織は第3セットの第1ゲームで相手にブレークを許すが、第6ゲームでブレークバックに成功。続く2ゲームはともにキープできず、迎えた第10ゲーム、錦織が4度目のマッチポイントを沈めて6-4で第3セットを奪い、ストレート勝ちで1回戦突破を決めた。

錦織は、2回戦で世界ランク85位のジョー=ウィルフリード・ツォンガ(フランス)と同96位ペーター・ゴヨウチク(ドイツ)の勝者と対戦する。

女子シングルス1回戦に臨んだ土居美咲(世界ランク110位)は第7シードのスローン・スティーブンス(アメリカ、世界ランク7位)に3-6、(4)6-7で敗れ、2回戦進出はならなかった。

また、27日のタイムテーブルが発表され、奈良くるみがコート10の第3試合に登場する。

これらをお気に入りに追加
錦織圭/Kei NISHIKORI錦織圭/Kei NISHIKORI
テニステニス
もっと見る

You May Like