Loading...

テニス・全仏OP:錦織圭が2時間半に迫る激闘を制し、5年連続4回戦進出

1 By 佐藤隆弘
5年連続の4回戦進出を決めた錦織圭
5年連続の4回戦進出を決めた錦織圭
5年連続の4回戦進出を決めた錦織圭

30日、テニス・全仏オープンの男子シングルス3回戦に臨んだ錦織圭(世界ランク7位)は、6-4、(6)6-7、6-3、4-6、8-6でラスロ・ジェレ(セルビア、世界ランク32位)に勝利し、5年連続4回戦進出を決めた。

第1セットで先にブレークを許した錦織だったが、すぐさま追いつくと、第10ゲームでもブレークに成功し、6-4で第1セットを奪う。第2セットはタイブレークにもつれ込むと、錦織が先にセットポイントを迎えるがこれをいかせずに逆転を許し、(6)6-7で第2セットはジェレがモノにする。

第3セットは錦織、第4セットはジェレが奪って迎えた最終セット。錦織は2ブレークダウンの厳しい状況に追い込まれるが、そこから追いつくと、ゲームカウント7-6で迎えた第14ゲームでブレークした錦織が4時間26分の激闘を制し、3回戦を突破した。

錦織は4回戦でブノワ・ペール(世界ランク38位、フランス)と対戦することになり、今大会3度目のフランス勢との顔合わせになった。両者の対戦成績は錦織の6勝2敗。2月のドバイでは錦織がストレート勝ちを収めている。

これらをお気に入りに追加
錦織圭/Kei NISHIKORI錦織圭/Kei NISHIKORI
テニステニス
もっと見る

You May Like