【スポーツクライミング】リードジャパンカップ最終日:女子は森秋彩が優勝、野口啓代は2位

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2019 Getty Images

スポーツクライミング第34回リードジャパンカップ(LJC2021)は3月28日、最終日を迎え男女決勝が行われた。女子は森秋彩(茨城県山岳連盟)が制し、2年連続4回目の優勝。Tokyo2020(東京五輪)日本代表内定選手の野口啓代(TEAM au)は2位、中川瑠(金蘭会高等学校)は3位だった。

男子は吉田智音(奈良県立青翔高等学校)が初制覇。2位は樋口純裕(佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)、3位は藤井快(TEAM au)だった。

LJC2021は、印西市松山下公園総合体育館(千葉県印西市)で3月26日から28日に開催された。

リードジャパンカップ男子決勝・結果(JMSCA公式)

リードジャパンカップ女子決勝・結果(JMSCA公式)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト