【スノーボード】スロープスタイルW杯開幕:村瀬心椛が首位、鬼塚雅2位、岩渕麗楽4位で決勝進出

男子は木俣椋真、飛田流輝、濵田海人が予選通過

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

スノーボード・スロープスタイルのFIS(国際スキー連盟)ワールドカップ第1戦が現地時間12月31日、カナダ・カルガリーで開幕。予選が同日行われ、女子は村瀬心椛(ムラサキスポーツ)が首位、鬼塚雅(星野リゾート)が2位、岩渕麗楽(バートン)が4位で上位8名による決勝へ進んだ。芳家里菜(STANCER)は9位で予選敗退。

男子は、木俣椋真(ヤマゼンロックザキッズ)、飛田流輝(ウィルレイズ)、濵田海人(ムラサキスポーツ北海道)が上位16名による決勝に進出している。國武大晃、長谷川帝勝(以上、STANCER)大塚健(バートン)、荻原大翔(尾瀬スノースポーツクラブ)は予選敗退。決勝は男女とも1月1日に行われる。

スリースタイルスキー・ハーフパイプのW杯は12月30日、同地で第2戦が開幕。男子の松浦透磨(中京大学)は19位、女子の鈴木沙織(城北信用金庫スキー部)は10位、桐山菜々穂(ヒマラヤSNOWCLUB)は18位で、決勝に進めなかった。男子はブレンダン・ マッケイ(カナダ)、女子はグ・エイリング・アイリーン(中国)が制している。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト