【ゴルフ】BMW選手権3日目:松山英樹は26位Tに後退…ブライソン・デシャンボーとパトリック・カントレーが首位

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

米国男子ゴルフPGAツアーのプレーオフ第2戦・BMW選手権は現地時間8月28日、第3日を迎えた。15位タイからスタートした松山英樹(LEXUS)は第3ラウンドをイーブンパーで、通算8アンダー26位タイに後退。ブライソン・デシャンボー(アメリカ合衆国)とパトリック・カントレー(同)が、通算21アンダーで首位に立っている。

BMW選手権は29日まで、アメリカ合衆国メリーランド州のケイブスバレー・ゴルフクラブ(7542ヤード、パー72)で開催される。

BMW選手権・リーダーボード

PGAツアーのプレーオフは、年間ポイント(FedExカップ)上位125選手が第1戦のザ・ノーザントラストに出場。第1戦終了時点で年間ポイント上位70選手がBMW選手権に進出する。最終戦のツアー選手権には、上位30名が出場する。松山は第1戦終了時点で16位となっている。

2021 FEDEXCUP SEASON STANDINGS