【ゴルフ】パナソニックOPを制した上田桃子が世界ランキング64位に浮上

中日クラウンズ優勝の岩田寛は128人抜き

文: 鈴木花
写真: 2021 Getty Images

女子ゴルフ世界ランキング「ロレックスランキング」が、5月3日付で更新された。日本人最高位の畑岡奈紗(アビームコンサルティング)は、変わらず11位。JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)ツアー「パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」で2年ぶりの優勝を飾った上田桃子(ZOZO)が順位を12上げ、64位に浮上した。

ロレックスランキング(公式サイト)

古江彩佳(富士通)は順位を2つ下げて24位、LPGA(全米女子プロゴルフ協会)ツアー「HSBC女子チャンピオンズ(世界選手権)」で畑岡とともに出場した渋野日向子(サントリー)は、4つ下げて25位。稲見萌寧(都築電気)は32位に順位を1つ落とした。鈴木愛(セールスフォース)は42位に2つ順位を下げた。

上位トップ3に変動はなく、首位はコ・ジンヨン。2位にパク・インビ、3位にはキム・セヨン(以上、韓国)が続く。世界選手権を制したキム・ヒョージュ(韓国)は、前週9位から7位に上昇した。

男子の「世界ゴルフランキング」は、5月2日付で更新された。日本人トップの松山英樹(LEXUS)は、14位を維持。国内男子ゴルフの「中日クラウンズ」を制し、6年ぶりにツアー勝利を挙げた岩田寛(フリー)は、前週の312位から184位まで大きく浮上し、128人抜き。

世界ゴルフランキング(公式サイト)

同大会で15位タイの金谷拓実(東北福祉大学)は、2つ上げて78位。同じく6位タイの今平周吾(フリー)も2つ上げて98位。星野陸也(フリー)は、100位に順位を1つ下げた。石川遼(CASIO)は、4つ下げて145位。上位陣に動きはなく、1位にダスティン・ジョンソン、2位にジャスティン・トーマス(ともにアメリカ合衆国)、3位にジョン・ラーム(スペイン)と続く。