【カーリング】全農2021混合ダブルス日本代表決定戦|松村千秋・谷田康真が北京五輪最終予選へ

最終予選はオランダで12月開催。出場権獲得でオリンピック出場へ

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

12月にオランダ・レーワルデンで開催される北京五輪最終予選の派遣チームを決める全農2021ミックスダブルスカーリング日本代表決定戦が9月20日、最終日を迎えた。3戦先勝したチームを勝者とする「ベストオブ5」を採用した決定戦は、松村・谷田(松村千秋・谷田康真)が制している。

日本代表決定戦(北海道稚内市・みどりスポーツパーク)には3チーム、第14回全農日本選手権(2021年)優勝の吉田・松村(吉田夕梨花・松村雄太)、第13回日本選手権(2020年)優勝の松村・谷田、2021年1月1日時点WCT(ワールドカーリングツアー)ランキング最上位の竹田・竹田(竹田智子・竹田直将)が参加。18日と19日に行われた2回戦総当たりの予選(ダブルラウンドロビン)の結果、吉田・松村と松村・谷田が最終日の決定戦へ進出。対戦成績1勝1敗で最終日を迎える。

予選を含めた5試合のうち先に3勝したチームが勝者となる日本代表決定戦は最終日1戦目、松村・谷田が7-5で白星を挙げて王手。2戦目も松村・谷田が8-7で制し、日本代表の座を勝ち取った。松村・谷田が12月5日からの最終予選で北京五輪出場権を獲得した場合、そのまま北京五輪に出場する。

■日本代表決定戦結果

9月18日

競技1:吉田・松村 10-4 竹田・竹田
競技2:竹田・竹田 4-7 松村・谷田
競技3:松村・谷田 9-2 吉田・松村

9月19日

競技4:竹田・竹田 1-10 吉田・松村
競技5:松村・谷田 7-6 竹田・竹田
競技6:吉田・松村 7-4 松村・谷田

9月20日

競技7:吉田・松村 5-7 松村・谷田
競技8:吉田・松村 7-8 松村・谷田

全農2021女子日本代表決定戦(大会公式サイト)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト