オリンピック・バーチャルシリーズ - 知っておきたいことと楽しみ方

実体験のスポーツと擬似体験のバーチャルスポーツを同時に楽しめる、初のオリンピックライセンスによるイベントが、2021年5月13日から6月23日まで開催される。イベントの模様は、Olympic Channel でライブ視聴が可能だ。ここでは、その方法をご紹介する。
文: Sanjeev Palar
ソフトボール

4月22日(木)、実体験のスポーツと擬似体験のバーチャルスポーツを同時に楽しめる、オリンピックライセンスによる初のイベント、オリンピック・バーチャルシリーズ(OVS)の第1回大会の開催が発表された。

2021年5月13日から6月23日まで開催されるこの新シリーズは、世界中のバーチャルスポーツ、eスポーツ、ゲーム愛好家を動員して、オリンピックの新たな観客層を獲得するとともに、国際オリンピック委員会(IOC)「オリンピック・アジェンダ2020+5」の提言に沿って、実体験・擬似体験、両形態でのスポーツの発展を促すことを目的としたものだ。

IOCは、5つの国際スポーツ連盟およびゲーム製作会社と提携してOVSを制作する:

世界野球ソフトボール連盟(WBSC) - eBaseball パワフルプロ野球2020、コナミ

国際自転車競技連合(UCI) - Zwift、Zwift Inc.

国際ボート連盟 - オープンフォーマット

ワールドセーリング - Virtual Regatta、Virtual Regatta SAS

国際自動車連盟(FIA) - グランツーリスモ、ポリフォニー・デジタル

OVSは、フィジカルに行うスポーツの世界と、バーチャルおよびシミュレーションスポーツゲームのコミュニティを結びつける場を作り、オリンピックムーブメントに参加する機会を提供するものだ。

OVSの各イベントは、オンラインで大勢の人たちがともに楽しめる参加型イベントであることを重視している。

大勢の参加者を対象としたこのシリーズでは、世界中の人々が自宅やトレーニング施設から競技に参加することができ、東京2020に向けた盛り上がりを演出することにもつながる。

IOCのトーマス・バッハ会長は、「オリンピック・バーチャルシリーズは、バーチャルスポーツの分野で新たな視聴者と直接的な関わりを深めることを目的とした、まったく新しいオリンピックのデジタル体験です」と語った。

「その構想は、オリンピック・アジェンダ2020+5とIOCのデジタル戦略に沿ったものです。スポーツへの参加を促し、特に若者に焦点を当ててオリンピックの価値を促進するものです」。

トーマス・バッハIOC会長
写真: 2018 Getty Images

IOCは、バーチャルスポーツと従来のスポーツの架け橋となることで、ファンやバーチャルスポーツコミュニティ、選手、協賛者たちを巻き込んだ活動の拡大を目指している。

OVSの5つのイベントはすべて形態やコンセプトが異なり、それぞれの競技のプラットフォームを通じて運営される。ファンは Olympic Channel でイベントに参加したり、フォローしたりすることができる。

参加方法や、一部のイベントで提供される賞品などの詳細は、追って発表される。