写真: 2021 Getty Images

【9月12日開幕】バレーボール・第21回アジア男子選手権大会の日程と放送予定|上位2チームに世界選手権出場権

文: オリンピックチャンネル編集部

バレーボールの第21回アジア男子選手権大会が9月12日から19日にかけて、千葉県の千葉ポートアリーナ(千葉市)と船橋アリーナ(船橋市)で開催される。アジアの頂点が争われるほか、上位2チームは2022年開催の世界選手権出場権を獲得。龍神NIPPON(男子日本代表)も出場する同大会の日程や放送予定を紹介する。

日程・放送予定

※決勝/順位決定戦以外の日本戦は18:00開始

■予選グループリーグ戦(日本戦のみ)

9月12日(日)18:00 日本 vs.カタール
9月13日(月)18:00 日本 vs.バーレーン
9月14日(火)18:00 日本 vs.インド

■順位決定予備戦

9月16日(木)18:00
9月17日(金)18:00

■準決勝/順位決定戦

9月18日(土)18:00

■決勝/順位決定戦

9月19日(日)時刻未定

【放送予定】

ネット:FODStreaming+PIA LIVE STREAM

第21回アジア男子選手権大会

参加チーム

A組:日本、インド、カタール、バーレーン
B組:イラン、パキスタン、タイ、ホンコンチャイナ
C組:オーストラリア、中国、ウズベキスタン、クウェート
D組:韓国、チャイニーズタイペイ、カザフスタン、サウジアラビア

競技方式

予選グループリーグ戦、順位決定予備戦、順位決定戦の3つで構成。予選グループリーグ戦は出場16チームをA~Dの4組に4チームずつ振り分け、1回総当たり戦を行う。各組の上位2チーム(計8チーム)が順位決定予備戦(1-8位)に進出し、下位2チーム(計8チーム)は順位決定予備戦(9-16位)に回る。順位決定予備戦では、4チームずつ2つの組に分かれ1回総当たり戦を行うが、予選グループリーグ戦で当たったチームとは対戦せずに、対戦成績を持ち越す。順位決定予備戦の順位をもとに準決勝/順位決定戦の対戦カードを決定し、以降準決勝/順位決定戦、決勝戦/順位決定戦を行い、最終順位を決定する。

なお、今大会は2022年8月にロシアで開幕予定の男子世界選手権のアジア予選も兼ねており、上位2チームが出場権を獲得する。

■日本代表メンバー

  • 2 小野寺 太志(ミドルブロッカー/JTサンダーズ広島)
  • 3 藤井 直伸(セッター/東レアローズ)
  • 4 大竹 壱青(オポジット/パナソニックパンサーズ)
  • 5 大塚 達宣(アウトサイドヒッター/早稲田大3年)
  • 6 山内 晶大(ミドルブロッカー/パナソニックパンサーズ)
  • 7 高梨 健太(アウトサイドヒッター/ウルフドッグス名古屋)
  • 9 福山 汰一(ミドルブロッカー/ジェイテクトSTINGS)
  • 12 髙橋 藍(アウトサイドヒッター/日本体育大2年)
  • 13 大宅 真樹(セッター/サントリーサンバーズ)
  • 14 石川 祐希(アウトサイドヒッター/パワーバレー・ミラノ/イタリア)主将
  • 15 李 博(ミドルブロッカー/東レアローズ)
  • 17 小川 智大(リベロ/ウルフドッグス名古屋)
  • 19 宮浦 健人(オポジット/ジェイテクトSTINGS)
  • 20 山本 智大(リベロ/堺ブレイザーズ)