植草歩:飽きっぽかった少女時代に唯一本気で打ち込めた空手──大学での挫折を経て頂点へ【アスリートの原点】

「空手界のきゃりーぱみゅぱみゅ」と呼ばれ人気急上昇中

文: オリンピックチャンネル編集部

空手は東京五輪で新競技として追加される。そのうち2人で相対し、突きや蹴りなどの技の攻防を繰り広げポイントで勝敗を決める「組手」の種目において、松濤館流(しょうとうかんりゅう)という流派で戦い、女子61キロ超級での日本代表に選ばれているのが植草歩(あゆみ)だ。競技の虜となった原点、そして才能を開花させてきた歩みを振り返る。

容姿が似ているという理由で「空手界のきゃりーぱみゅぱみゅ」という名も。本人は「似ていないと思います」と話す

父は「やりたいと言うのなら、やめさせないよ」

植草歩(あゆみ)は1992年7月25日に千葉県八街市(やちまたし)で産声をあげ、小学3年生の時に空手との運命の出合いを果たした。

幼いころからスポーツ万能で、学校では陸上クラブに所属して短距離走や走り幅跳びの選手として活躍。ピアノや水泳教室にも通っていたが、どちらかというと「楽しくやるためのもの」程度だった。そこで一番興味をひかれたのが、幼なじみの友人とともに通うことを決めた空手だったという。何事も器用にこなしながら、一方で飽きっぽい一面もあった娘に対し、父は「やりたいと言うのなら、やめさせないよ」と覚悟を求めた。

しかし父の不安をよそに、練習初日から確かな才能を見せ、すぐに競技にのめり込んだ。師範の持ったミットを目がけて突きを放った時の、パーンと言う鮮やかな音が心地よかった。植草自身は当時をこう振り返ったことがある。

「師範には怒られた記憶がないです。たとえ試合に負けても『歩は強いから負けたんだ』って。体が大きかったので、突きや蹴りがどうしても相手に当たってしまって、反則負けをすることが多かったからかもしれません」

父も娘の頑張る姿に心を動かされた。週2、3日、時に深夜近くまで及ぶ練習に付き合い、車での送迎を欠かさなかった。父は「娘が空手に熱中しているのを見るのが楽しかった」と話す。

突き技を武器とし、とりわけ中段突きの威力には定評がある。全日本空手道選手権では2018年まで4連覇を果たしている

周りのレベルの高さにショックを受けた大学時代

突きの鋭さに定評がありながらも、反則負けを喫するなど粗削りな部分があったが、柏日体高等学校(現日本体育大学柏高等学校)に進学し、技術に磨きをかけていく。体の大きさを生かすだけでなく、駆け引きを学び、本人は「本能で戦うだけでなく、考えながら戦う空手を教わった」と語る。そして高校3年次にはインターハイの通称で知られる全国高等学校総合体育大会で3位に入り、直後の国民体育大会で初の頂点に立つ。

卒業後は空手の名門、帝京大学に進学したが、入学後に周りのレベルの高さにショックを受けた。初めて挫折を味わった。やめたいと思ったことも何度もあったが、仲間やコーチに支えられ、「あと一週間だけ頑張ろう」と繰り返し思ううちに、全日本学生空手道選手権、世界学生空手道選手権で優勝と圧倒的な結果を残すようになっていった。

大学最後の年の両大会では1位になることができず、節目で大きな屈辱を味わった彼女は本気で引退を考えたという。

だがちょうどそのころ、東京五輪開催が決定。もう迷いはなくなっていた。卒業からちょうど5年後の2020年3月、女子組手61キロ超級でのオリンピック出場を内定させた。

インスタグラムやtwitterでは今どきの若者らしくキュートな一面を見せる。2018年1月1日から芸能事務所ホリプロのスポーツ文化部に所属し、日本空手道の顔役としてマスメディアに登場する機会も多い。しかしその強さは折り紙付きだ。「空手が強い人は心が強い」と考えている。強くて可愛い空手界のヒロインは表彰台の頂点をにらむ。

選手プロフィール

  • 植草歩(うえくさ・あゆみ)
  • 空手 女子組手68キロ超級(東京五輪では女子組手61キロ超級に出場予定)
  • 生年月日:1992年7月25日 
  • 出身地: 千葉県八街市
  • 身長/体重: 166センチ/66キロ
  • 出身校:八街中央中(千葉)→柏日体高(千葉)→帝京大(東京)
  • 所属: 日本航空
  • オリンピックの経験:なし 
  • インスタグラム:植草歩 uekusa ayumi(@ayayumin0725)
  • ツイッター:植草歩(@ayayumin)
  • フェイスブック:植草歩 Uekusa Ayumi(@ayayumin0725)

【アスリートの原点】渋野日向子:「笑顔のシンデレラ」は少女時代、ゴルフとソフトボールの二刀流。高校3年次は就職も検討

【アスリートの原点】清水希容:東京五輪での女王君臨を狙う空手家は、少女時代に「3位の壁」に苦しんだ

【アスリートの原点】土井杏南:ロンドン五輪には16歳の若さで出場。「消えた天才」は東京五輪へ向けた復活を期す

【アスリートの原点】上野由岐子:伝説の「413球」を投げ抜いた豪腕は幼少期から健在

【アスリートの原点】サラ・ショーストレム:水泳デビューは9歳。14歳の時には100メートルバタフライでヨーロッパを制覇

【アスリートの原点】カティンカ・ホッスー:競泳界の「鉄の女」は少女時代、祖父のもと1日20キロを泳ぐ猛練習で成長を果たす

【アスリートの原点】カロリナ・プリスコバ:双子の姉と4歳からテニスに没頭。父の逮捕という悲劇をはねのけ、17歳で世界制覇

【アスリートの原点】ノバク・ジョコビッチ:空爆の恐怖に怯えながらも失わなかったテニスへの情熱

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト