桃田賢斗の海外の評価は?世界ランキング最高1位、オリンピック金メダル候補への反応

文: オリンピックチャンネル編集部

桃田賢斗は2019年12月、世界バドミントン連盟(BWF)男子世界最優秀選手に輝いた。2021年7月に開幕する東京五輪での活躍に期待が集まっている。ここでは海外の評価や世界ランキングを紹介する。

桃田賢斗は2018年9月から世界ランキング1位の座を維持

桃田賢斗は2019年12月、世界バドミントン連盟(BWF)男子世界最優秀選手に輝いた。2021年7月に開幕する東京五輪での活躍に期待が集まっている。ここでは海外の評価や世界ランキングを紹介する。

桃田は2018年8月に世界バドミントン選手権で初優勝。2018年9月からBWF男子シングルス世界ランキング1位の座を守り続けている。

桃田賢斗に対する海外の評価

2019年8月、桃田は世界バドミントン選手権で連覇を果たした。準決勝で桃田に敗れたインドのサイ・プラネスは、「彼は相手に合わせてプレーしている。それは彼にとって大きなプラスポイント。忍耐力があり、バリエーションも豊富だ。彼は相手を読むことができる。他の選手とは違う何かを持っているので、彼を打ち負かすことは難しいんだ」と強さの理由を説明する。

NTT東日本は2020年11月、バドミントン部に所属する桃田の功績が、ギネス世界記録に認定されたと発表した。2019年3月3日から2019年12月15日にかけて11大会の男子シングルスで優勝。ギネス世界記録に「バドミントン男子シングルス年間最多勝利数 記録数値11回」として登録された。

世界ランキング1位の座を守り続ける桃田の評価が揺らぐことはない。東京五輪に向かって、一歩ずつしっかりと前に歩んでいく。