全国高校サッカー選手権の日程・放送予定|Jリーグ内定選手出場

文: オリンピックチャンネル編集部

第99回全国高校サッカー選手権大会が2020年12月31日に開幕。決勝は埼玉スタジアム2002(埼玉県)で2021年1月11日に行われる。ここでは同大会の日程や放送予定、注目選手を紹介する。

日程・放送予定

■12月31日(木):1回戦

  • 第1試合:12:05キックオフ
  • 第2試合:14:10キックオフ

【地上波】

日本テレビ系列:12:00~13:50(関東第一 vs 山辺・LIVE)、14:05~15:55(鹿島学園 vs 海星・LIVE)

【ネット】

日テレ高校サッカー公式ページTVer:1回戦から決勝戦までをLIVE配信

■1月2日(土):2回戦

  • 第1試合:12:05キックオフ
  • 第2試合:14:10キックオフ

【地上波】

日本テレビ系列:14:05~15:55(堀越 vs 大社・LIVE)

【ネット】

日テレ高校サッカー公式ページTVer:1回戦から決勝戦までをLIVE配信

■1月3日(日):3回戦

  • 第1試合:12:05キックオフ
  • 第2試合:14:10キックオフ

【地上波】

日本テレビ系列:15:00~16:50

【ネット】

日テレ高校サッカー公式ページTVer:1回戦から決勝戦までをLIVE配信

■1月5日(火):準々決勝

  • 第1試合:12:05キックオフ
  • 第2試合:14:10キックオフ

【地上波】

日本テレビ系列:12:00~13:50(第1試合・LIVE)、14:05~15:55(第2試合・LIVE)

【ネット】

日テレ高校サッカー公式ページTVer:1回戦から決勝戦までをLIVE配信

■1月9日(土):準決勝

  • 第1試合:12:05キックオフ
  • 第2試合:14:20キックオフ

【地上波】

日本テレビ系列:12:00~16:20(第1試合、第2試合・LIVE)

【ネット】

日テレ高校サッカー公式ページTVer:1回戦から決勝戦までをLIVE配信

■1月11日(月・祝):決勝

  • 14:05キックオフ

【地上波】

日本テレビ系列:14:00~16:10(LIVE)

【ネット】

日テレ高校サッカー公式ページTVer:1回戦から決勝戦までをLIVE配信

会場

【東京】

  • 駒沢陸上競技場(1回戦~準々決勝)
  • 味の素フィールド西が丘(1・2回戦)

【神奈川】

  • 等々力陸上競技場(1回戦~3回戦)
  • ニッパツ三ツ沢球技場(1・2回戦)

【埼玉】

  • 埼玉スタジアム2002(準決勝・決勝)
  • 浦和駒場スタジアム(1回戦~3回戦)
  • NACK5スタジアム大宮(1・2回戦)

【千葉】

  • フクダ電子アリーナ(1回戦~準々決勝)
  • ゼットエーオリプリスタジアム(1・2回戦)

全国高校サッカー選手権

■概要

高校男子サッカー部の頂点を決める大会。1917年に第1回大会が行われ、2020年度は第99回大会となる。例年12月末から1月にかけて行われ、「選手権」などの愛称で知られる。前回大会(第98回)は静岡学園(静岡)が優勝した。

全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(インターハイ)、高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグと並び、高校サッカー3大全国大会に数えられる。なお、全国高校サッカー選手権とインターハイは高校サッカー部による全国大会。高円宮杯はJリーグなどのクラブチームのユースを含め、すべての第2種世代登録チーム(U-18・高校生年代)に参加資格がある。

■レギュレーション

大会はトーナメント方式で実施。各試合最大20選手まで登録でき、交代枠は5人までとなる。各ラウンドの試合時間や延長戦、PK戦などのレギュレーションは以下の通り。

【1回戦~準々決勝】

  • 試合時間:80分(前後半各40分)
  • ハーフタイムのインターバル:原則10分間
  • 勝敗の決定しない場合:延長戦は実施せず、ペナルティキック方式(PK戦)で勝利チームを決定

【準決勝】

  • 試合時間は90分(前後半各45分)
  • ハーフタイムのインターバル:原則15分間
  • 勝敗の決定しない場合:延長戦は実施せず、PK戦で勝利チームを決定

【決勝戦】

  • 試合時間:90分(前後半各45分)
  • ハーフタイムのインターバル:原則15分間
  • 勝敗の決定しない場合:20分(10分ハーフ)の延長戦を実施、なお決しない場合はPK戦で勝利チームを決定
  • 延長戦に入る前のインターバル:原則5分間
  • 延長戦ハーフタイムのインターバル:なし
  • PK方式に入る前のインターバル:原則1分間

■出場校

東京都以外の46道府県からは1チーム、東京都からは2チームの計48チームが出場。それぞれの地区大会を勝ちぬいたチームが代表校となる。

トーナメント表

出場校一覧

注目選手

MF 須藤直輝(昌平3年・背番号10)

U-18日本代表候補。J1鹿島アントラーズ加入が内定。前回大会は3試合出場で2得点をマークし、優秀選手に選出された。高い技術とドリブルが持ち味。

MF 小川優介(昌平3年・背番号7)

U-18日本代表候補。チームメイトの須藤とともに、鹿島加入が内定。前回大会では3試合に出場した。昌平高校からは須藤と小川のほか、MF柴圭汰(福島)、FW小見洋太(新潟)のJリーグクラブ入団が内定している。

MF 平岡大陽(履正社3年・背番号8)

U-18日本代表候補。J1湘南ベルマーレ加入内定。運動量が豊富で、攻守で存在感を示す。

DF 藤原優大(青森山田3年・背番号5)

U-18日本代表候補。J1浦和レッズ入団が内定している。180cm以上の長身を生かしたヘディングやロングフィードが武器で、攻守に貢献するディフェンダー。1対1の守備に強く、今大会ナンバーワンセンターバックとの呼び声が高い。

MF 松木玖生(青森山田2年・背番号10)

U-18日本代表候補。準優勝だった前回大会では全5試合出場で4得点をマークし、優秀選手に選出された。2年生ながら、今大会屈指の注目タレントだ。

前回大会出場時の青森山田・藤原優大(5番/時事)

新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大は、高校サッカー界にも大きな影響を及ぼし、2020年度のインターハイは中止となった。高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグは開催方式が変更。同リーグ最高位のプレミアリーグ2020(東西に分け、10チームずつ参加)出場予定だった各チームは、「高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ 2020」としてそれぞれ各地域ごとに、「プレミアリーグ2020関東」、「スーパープリンスリーグ2020」に参加した。また、プレミアリーグファイナルは開催されなかった。

令和2年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(インターハイ)

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ

第99回全国高校サッカー選手権は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、保護者と学校関係者のみが観戦可能。例年30日に行われる開会式は31日に規模を縮小して実施。31日に8会場で一斉に開幕する。

第99回全国高校サッカー選手権大会

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト