コパ・アメリカは新型コロナの影響で延期|開催日・放送予定をチェック

文: オリンピックチャンネル編集部
南米10カ国に加えオーストラリアとカタールが参加する

南米サッカー連盟(CONMEBOL)は3月17日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、コパ・アメリカ2020の開催延期を発表した。延期が決まったコパ・アメリカはいつ開催されるのか? 延期の理由、開催予定日、グループリーグ組み合わせ、放送予定などをまとめた。

コパ・アメリカは延期

延期の理由

コパ・アメリカ2020は6月12日から7月12日まで、アルゼンチンとコロンビアで開催される予定だった。しかし、新型コロナウイルスの影響により、各国リーグ戦が再開する目処も立っていないため、CONMEBOLはコパ・アメリカの延期を決定した。

開催予定日

コパ・アメリカは今大会からEUROと同じ偶数年度に4年ごとの開催に変更して行われる予定だった。変更後の開催期間はEUROと同じく、当初の予定から約1年後の2021年6月11日から7月11日となった。南米10カ国の他に招待国のオーストラリアとカタールが参加する。

グループリーグ組み合わせ

  • グループA:ブラジル、コロンビア、エクアドル、ペルー、カタール、ベネズエラ
  • グループB:アルゼンチン、オーストラリア、ボリビア、チリ、パラグアイ、ウルグアイ

コパ・アメリカを視聴するには?

日本代表が出場した2019年ブラジル大会は世界約180カ国・地域で放送され、日本ではDAZNが同大会を配信した。しかし、2021年大会の放送については詳細が明らかになっていない。なお、株式会社電通は2019年10月に、コパ・アメリカ3大会(2020、2024、2028)の全商業権の独占販売権取得を発表している。対象となる商業権には、スポンサーシップセールスを含むマーケティング権、放送権、ライセンシング権、ゲーム化権、チケット・ホスピタリティー権などが含まれる。

日程変更の影響

コパ・アメリカが1年延期になったことで、同大会に出場する予定だった選手は各国リーグ戦やコパ・リベルタドーレス、コパ・スダメリカーナなどに専念できる。ヨーロッパのクラブに在籍する選手は各国リーグ戦やUEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグに出場しやすくなった。しかし、新型コロナウイルスの影響により、各国リーグ戦などが再開する目処は依然として立っていない。