北京2022 トーチ

トーチデザイン

北京2022冬季オリンピック公式トーチ
北京2022冬季オリンピック公式トーチ

オリンピックのトーチは大会を象徴するもので、大会ごとに独自のタッチでデザインされています。北京2022冬季オリンピックのトーチも例外ではなく、「飛揚」という名前が付けられています。

北京は、夏季と冬季の両方のオリンピックを開催する初めての都市。2022年のトーチのデザインは、中国の首都におけるオリンピックのレガシーに敬意を表し、2008年夏季オリンピックの聖火台に似たデザインが採用されました。

トーチのデザインは、オリンピックの炎が鎮座するリボンがたなびくような螺旋構造になっており、躍動感と生命力にあふれています。聖火の中央部には北京2022のエンブレムが配置され、胴体部の渦巻き状の赤いラインは万里の長城、大会のスキーコース、光、平和、卓越性を追求する人類の絶え間ない努力を表現しています。

基調となっている赤と銀は、氷と火のメタファーで、聖火が “氷と雪の世界に光と暖かさ” をもたらすことを象徴しています。

トリビア

デザイナーのリー・ジャンイは、このトーチの色やハンドルに施された雲の模様は、2008年のトーチデザインの要素を取り入れたと語っています。

The inspiration behind the Olympic Torch for Beijing 2022
The inspiration behind the Olympic Torch for Beijing 2022

「2008年のトーチと同じ色の組み合わせ、同じ芸術的要素を用いることで、夏季大会と同様に世界に向けてポジティブな発信をし、北京の豊かなオリンピック文化を紹介することを目指しています」とリーはコメント。

オリンピック聖火リレーでは、聖火ランナーが2本のトーチのリボン構造部分を絡ませて炎を交換するというユニークな特徴が見られ、これは北京2022のビジョンである “異文化間の相互理解と尊重の促進” を象徴しています。

北京2008から北京2022へ:五輪のレガシーは冬季競技へ

特徴

カーボンファイバー素材を使用したトーチは、軽量で高温に強く、水素を主な燃料とするためエミッションフリーとなっており、北京組織委員会の “グリーンでハイテクな大会” という目標に合致しています。

このデザインは、世界的なコンペティションで182点の応募の中から選ばれました。

Torch_Specs
オリンピック聖火
オリンピック聖火

オリンピック聖火

オリンピック競技大会の聖火リレーや、過去に使用されたトーチについて探ってみよう。