Generic Section Container

北京2022
パラリンピック

大会

北京2022パラリンピック

開催国 中華人民共和国
開催期間 2022年3月4〜13日
北京2022 パラリンピック

北京パラリンピックについて

2022年3月4日、中国の首都・北京は世界最高レベルのパラリンピック選手およそ600人を迎え、パラリンピック冬季競技大会を開幕します。夏季と冬季の両方のパラリンピックを開催した都市はこれまでになく、北京が最初の都市となります。

「雪氷上での喜びの出会い(Joyful Rendezvous upon Pure Ice and Snow)」というビジョンを掲げるこの大会では、中国の古い伝統や2008年北京パラリンピックのレガシーに敬意を示すとともに、オリンピックとパラリンピックの価値、そしてビジョンを発信します。

大会は3月4〜13日の10日間にわたって開催され、アスリートらは雪上競技(アルペンスキー、クロスカントリースキー、バイアスロン、スノーボード)と氷上競技(パラアイスホッケー、車いすカーリング)から成る6競技78種目で熱戦を繰り広げます。

各競技は、3つの競技ゾーン(北京、延慶、張家口)に位置する6つの会場で実施され、このうちの国家体育館(パラアイスホッケー)と国家水泳センター(車いすカーリング)は、2008年の北京オリンピック・パラリンピックでも使用されたレガシー会場です。

会場
会場

会場

北京2022冬季オリンピックの各競技が行われる会場を見てみよう。

マスコット

丸く愛らしい容姿のこのマスコットの名前は「雪容融(シュエ・​ロンロン)」。包容や寛容を表す「容」や融合や親和を意味する「融」の漢字が示す通り、障がいの有無に関わらず、すべての人が互いを受け入れ、世界の文化を理解し合うという願いが込められています。

雪容融のデザインは中国のランタン(灯籠)をモチーフにし、中国の伝統的な切り絵細工「剪紙」と如意飾りの要素が取り入れられています。ランタンは中国に古くからある文化の象徴で、収穫、祝賀、繁栄などを示しています。

雪容融の胸には2022年北京パラリンピックのエンブレムが描かれています。雪容融の心から発せられるこの輝きは、パラアスリートの友情、暖かさ、勇気、根気を象徴し、世界中の人々に日々元気を与えます。

北京2022パラリンピックのマスコット「雪容融」
北京2022パラリンピックのマスコット「雪容融」

トーチ

「飛揚」(中国語でフェイヤン)と名付けられた2022年冬季パラリンピックのトーチは、北京オリンピックのトーチと似た要素を備えています。

北京は夏季オリンピックと冬季オリンピックの両方を開催する初めての都市で、このパラリンピックのトーチは、2008年の夏季オリンピックおよびパラリンピックで北京が遺したレガシーを称え、同大会の聖火台に似た、巨大な巻物のようなスパイラル状になっています。

オリンピックトーチが赤色と銀色であるのに対し、パラリンピックのトーチは銀色と金色の組み合わせで「栄光と夢」を象徴しています。またパラリンピックの価値観である「勇気、強い意思、インスピレーション、公平」を反映しています。

渦巻き状の金色のラインは万里の長城、スキーコース、そして光、平和、卓越性を追求する人類の絶え間ない努力を表現し、トーチの中央には北京2022のエンブレムが記されています。

またカーボンファイバー素材を使用したトーチは、軽量で高温に強く、水素を主な燃料とするためゼロエミッションとなっており、北京組織委員会の “グリーンで先端技術を活用する大会” という目標に沿っています。

トーチのユニークな特徴が一層際立つのは、聖火リレーの最中です。聖火ランナーは2本のトーチをリボン構造で絡ませて、炎を渡します。これにより、北京2022のビジョンである「異文化間の相互理解と尊重の促進」が表現されます。

トーチの下部には、点字で「北京2022パラリンピック冬季競技大会」と刻まれています。

このデザインは、世界的なコンペティションで182点の応募の中から選ばれました。

北京2022パラリンピックのトーチ
北京2022パラリンピックのトーチ

エンブレム

北京2022パラリンピック冬季競技大会の公式エンブレムのテーマは「飛躍」で、「飛」の字をベースにしたものです。アーティストのリン・クンツェンが、車いすのアスリートがゴールラインや勝利に向かって勢いよく進む様子をイメージして作成しました。また、「パラアスリートがスポーツにおける卓越した能力を発揮し、世界に刺激を与え興奮させることができるようにすること」というパラリンピックのビジョンを表しています。

ワールドワイド・パラリンピックパートナー